無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これであなたもほめ上手!男心をくすぐる魔法の言葉「さしすせそ」の使い方

褒められて嬉しくない男性はいないですよね。気になる人や好きな人に、いつもは照れくさくてアピールできないという人も、「さしすせそ」を上手に使うと、男心をガッチリ掴めるんです。今回は、言いやすいセリフや具体的なシチューションも含めてご紹介します。

2017年8月
恋愛・結婚

さりげなく、効果絶大♡

「カッコ悪い所を見せたくない」と意地や見栄を張って強がって見せようとする男性って多いですよね。本当は褒められて嬉しいのに、なかなか素直になれない人も中にはいます。

今回は、男心をくすぐって離さない!魔法の言葉「さしすせそ」の使い方をご紹介します。

①「さ」…「さすが!」

男性は女性よりも褒められる機会が少ないと言われています。男性同士でお互いを褒め合うこともないですし、女性同士のようにお互いの細かいことを「可愛いー!」と言い合うような習慣はゼロです。

使えるシチュエーション「さすが○○さん!」

男性も女性と同じように「他人に認めてもらいたい」と思うもの。「褒められたい」と思う気持ちは一緒なんです。本当に知らなかったことや、意外な気付きがあった時は、素直に表現するのがベスト。

語尾や言葉の間を伸ばしすぎると、逆効果なので要注意。「バカっぽく聞こえる」「本当にそう思ってる?」と誤解されやすいので、何に対して「さすが!」と思ったのかを具体的にアピールすると好感度大です。

②「し」…「知らなかった!」

自分の好きなことに関することや、知識を相手に認めてもらうのに喜びを感じやすいのが男性の特徴。なので、認めてもらって、共感されることが嬉しいんです。知らなかった事を教えてもらった時は素直にそれを伝えるようにしましょう。

使えるシチュエーション「知らなかった!面白そう!」

自分が前からハマっていることを他人に話して、興味を持っていることに共感してもらえたり、話題を共有出来るだけでも親密さもアップして、会話も弾みやすくなります。

「知らなかった!」だけでなく「面白そう!」「興味あるかも」などさらに一言プラスするだけで、自分の関心度を分かりやすく伝えることが出来ます。「じゃあ、今度一緒にする?」と2人で会うきっかけにもなります。

③「す」…「すごい!」

男性を褒める時に良く使われる言葉が「すごい!」ですよね。でも、ただ単に「すごい!」を連発し過ぎると「誰にでも言ってる?」や「本当に思ってる?」と思われがちなんです。

記事に関するお問い合わせ