無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自分でデザインして印刷できる!やまさき薫さんに教わる「紙版シルクスクリーン」

手ぬぐいやバッグ、Tシャツなどに、「自分で描いたイラストを印刷できたらいいな」と思ったことはありませんか? 今回紹介する「シルクスクリーン」はそんな夢を叶える印刷技術です。作家のやまさき薫さんに自宅でできる「シルクスクリーン」のやり方を教わりました。

撮影/木村文平

DIY

やまさきさんのアトリエ兼ショップはこちら

木の質感がかわいいやまさきさんのアトリエ兼ショップ「ヤマコヤ」。シルクスクリーン印刷のTシャツや手ぬぐい、ポストカードなどが販売されています。オリジナルのベーゴマもあります。

出身地である鹿児島をモチーフにした手ぬぐいも。折り方によって桜島柄ときびなご柄になるのがユニークです。かごに入った米粒おにぎり柄の手ぬぐいも人気商品です。

ヤマコヤはJR中央線・東小金井駅の高架下の素敵な空間にあります。ヤマコヤが入っている「アトリエテンポ」には5組の作り手のアトリエが併設されています。

●atelier tempo(アトリエテンポ)
住所:東京都小金井市梶野町5-10-58 コミュニティステーション東小金井内
営業時間:11:00~19:00(食堂/昼11:30~14:30、夜18:00~22:00)
定休日:水曜日(食堂/火・水・木曜日)

アトリエテンポのHPはこちら

教えてくれた方はこちら

やまさき薫● 東京学芸大学教育学部美術科卒業。デザイン事務所勤務を経て、 紙媒体のデザイナー・イラストレーター、シルクスクリーン版画作家として活動中。制作・ワークショップを中心に、「暮らすこと、つくること、伝えること」を大切にしたものづくりを目指している。

やまさき薫さんのホームページはこちら
記事に関するお問い合わせ