無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[手持ちの服は全部で17着]少ない服で暮らしたからこそ分かった!メリット・デメリット

ライフスタイル

サンキュ!STYLEライターのりななです。

私は育休を機に、家の中をスッキリさせたくてものを減らすようになりました。
そのなかでもとくに減らしたのは自分の洋服。
本当に必要な量を考え続けた結果、今では1年間で17着の洋服で暮らすようになりました。

メリット1 整理整頓が圧倒的にラク

衣替えは冬物と夏物を入れ替えるだけ。
夏物はワンピースが3着。冬物はニットが3着、ボトムスが2着なのですぐ終わります。

以前のわが家のクローゼットはどこに何があるか不明な状態で…。まずは探すところから衣替えを始めていました(笑)ものが少ないと管理がしやすいことを実感しています。

メリット2 服選びに悩まない

クローゼットにパンパンに服があるのに、着たい服がない。以前はそんなことばかりでした。それで結局、また買ってしまうんですよね…。

服を減らしていくうちに、手元に残ったのは"着たい"と思える服でした。朝、洋服を選ぶというより…決まった組み合わせをローテーションしているような感覚です。でも、好きな服ばかりなので心地よく過ごすことができています。

デメリット 服1着の使用頻度が多い

デメリットは、服のダメージです。

手持ち服が少ない分、ダメージも大きいです。とくに冬はニットやコートの毛玉が多くできるので、毛玉取り機や洋服ブラシを使っています。

少ない服の暮らしは、大袈裟かもしれませんが"時間をかけて"定期的に手入れをするか"お金をかけて"定期的に買い換えるか、という選択が必要になるのかな?と思っています。

自分の生活と向き合いながら、上手に選んでいきたいです。

個人的にはメリットのほうが大きい

少ない服で暮らすことでデメリットもありますが、以前まで抱えていた洋服への悩みがほとんど無くなり、とても暮らしやすくなりました。

毎日の服選びに悩まず、どこに何があるか分かる暮らしはとても安心します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ