無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今夜はワタシから誘いたい♡彼をその気にさせる6つの言葉

彼氏とエッチしたいのになかなか彼氏の方から誘って来ないこともあります。これからご紹介する色っぽいセリフで彼氏をその気にさせて、夜を楽しみましょう。

2017年10月

今日はエッチしたい気分!

彼氏とエッチしたい気分なのに、彼氏の方からなかなか誘って来ないということもありますよね。そんな時は、あなたが色っぽいセリフを言うことで彼氏をその気にさせてしまいましょう。

あくまでも彼氏をその気にさせるところまで誘導することで、最後のアクションは彼氏の方から起こさせるのがポイントです! ここでは、そのための言葉のテクニックや色っぽい伝え方をご紹介します。

1.「ねぇ、触って…」

彼氏の手を取り、さらに目を見つめながら「ねぇ…触って」と囁きましょう。「え?どこに?」と来たら、彼の手をあなたの体に誘導して触れさせます。「ドキドキしてるの、わかる?」と言いながら胸の上、心臓辺りがオススメ。

freestocks.org

あなたの鼓動を感じ取った彼氏は、手がバストに近いこともありそのまま押し倒したい気分に♡ハードルが高ければ、頬にしましょう。彼氏がそのままキスしやすく、頬だけじゃおさまらない気分になるはずです。

2.「キスだけ?」

彼氏がキスして来たけど、その先には進まなそうという時は、あなたの方から「キスだけ?」と上目遣いでちょっと拗ねるように尋ねてみましょう。彼氏もつい「ん~?だけじゃない…」と続きを始めたくなりますよ。

Photo by Toa Heftiba / Unsplash

「他の場所にもして」

また、唇にキスはたくさんするけど先に進まないという場合なら、「もっと、他の場所にもして…」と恥じらいながら囁いてみてください。

ついに彼氏もこらえ切れなくなって、色んな場所を攻める流れでエッチに突入です!

3.「離れたら死んじゃう」

このまま絶対離れたくない、という気持ちを強く伝えるために、普段は言わないようなちょっとハッとするセリフを使いましょう。

あなたに「離れたら死んじゃう」なんて言われたら、「それは困るな」と彼氏も今夜は一緒に過ごす理由が出来て、嬉しそうにあなたをベッドに導くでしょう。

4.「寒い…ベッドに入りたい」

彼氏のお部屋にいるけれど、なかなかエッチに誘って来そうにないというときは「ベッドに入りたい」という意思を告げましょう。あえて薄着になって「寒い」というのも彼氏に視覚的な効果をも与えます。

www.pexels.com

「寒いなぁ…ベッドに入りたい」と甘えるように言えば、彼氏は喜んでベッドを貸してくれるでしょう。そのとき一緒に来てくれなかったら、「◯◯くんも来て♡」「あっためて」と手招きしてくださいね。

5.「充電して♡」

彼氏からの誘いが待ち切れないときは、「充電して」とかわいく甘えてみてください。「どうぞ?」と充電コードを出して来たらそこで「ううん…私を充電して欲しいの」と付け加えるのです。

遊び心があって、ちょっとエロティックなこのセリフに彼氏もたまらず充電したくなってしまうはずです。

6.「他の場所も…あっためて」

寒い時、「温めて」と言うのは男性に対して効果的なセリフです。とは言え、露骨で恥ずかしいなと思う人はまず冷えたあなたの手を差し出しながら言いましょう。

彼氏が冷たい手を温めてくれたら、「他の場所も冷えてるの…」と囁いてみてください。彼氏は思わず「ん?どこが?」とあなたの体をあちこち探りたくなってしまうでしょう。

言葉ひとつで彼をその気に

エッチしたいけど彼氏からの誘いがなかった場合、諦めるしかないと考えていた人も、あなたの言葉ひとつで彼氏からついアクションを起こしてしまうようになるということがお分かりいただけましたか?

これらのセリフをかわいく、時にはおちゃめに、そしてエロティックにと状況によって使い分けながら、彼氏がその気になるように仕向けてみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ