無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう無理しない。ストレスフリーになるために「やめるべきこと」

ストレスを抱えすぎていませんか?ここではストレスフリーになるために「やめるべきこと」をご紹介していきます。意識するだけでも心がフッと楽になるはずです。

2017年9月
ライフスタイル

ストレスの抱えすぎは禁物

頑張って生きていくのは確かに大切なこと。でも、必要以上に無理をしすぎて、心やカラダを痛めつけてしまっていませんか?

そんな状態を続けていけば、いつかは「限界」がきてしまうかも。幸せも遠のいてしまいます。

やめることでストレスは軽くなる!

ストレスを手放すためには、勇気を持っていろいろなことを辞める必要があります。ここではつい頑張りすぎてしまうあなたが「やめるべきこと」をご紹介していきます。

1.「本当の自分」を追求すること

私ってどんな人間なんだろう、一体どうなりたいんだろう。そんな疑問を持ち始めるとキリがありません。答えがでないと常に心にもやもやを抱えた状態になってしまいます。

自分で自分のことが分からない、それでも良いんです。みんないろいろな面を持ってます。なりたいものが見つからない人だってたくさんいます。無理に突き詰めて思い悩むのは止めてしまいましょう!

2.「求められる人物」でいること

頑張り屋さんな女性ほど、周囲の気持ちを敏感に察して「求められる人物」になってしまいがち。自分では気が付かないうちに欲望を閉じ込めてしまっているかもしれません。それがストレスの元に。

大人として・女性として・妻として・母としてこうあるべきだと思い込むのはもう止めましょう。我慢していることがあるなら、思い切ってやってみましょう!もっと自己中心的に生きて良いんです。

3.SNSに支配されること

あなたは1日に何回SNSをチェックしますか?10回以上だという方も少なくないはず。楽しんでみているつもりでも、それがストレスになっていることもあるので注意が必要です。

自分の投稿にいいね!がついたか、他の人はどんな投稿をしているのか。それが嫉妬や焦りといった負の感情に繋がってしまうことも。意識的にSNSを見る回数を減らし、心を支配されないようにしましょう。

4.人の気持ちを試すこと

相手を試すような発言や行動は、不安をどんどん大きくしてしまう原因になります。試さないと信じられない、なんて悲しいことですよね。また、確実に相手に不快感を与えてしまいます。

もっと無条件に相手を信じてあげましょう。最初は難しいことかもしれませんが、信じてみよう!と心に決めることが大切です。人を信用できるようになれば、無駄なストレスを抱えることもなくなります。

5.不調を放っておくこと

頭痛がするけれどまだ頑張れる。そうやって乗り切ったことがある方も多いのでは?確かにある程度の我慢は必要です。でも長年抱えている不調を放っておいているのなら、それはとても危険なことです!

心と身体は繋がっているものですから、不調があればストレスフリーにはなれません!何かおかしいと思ったら無理をせず、病院へ行くのが肝要。体調管理は、大人の女性として欠かせないことですよ。

6.勝ち負けで判断すること

誰かと比べて敵意を抱いてしまう人は、常にストレスを抱えている状態でしょう。勝ち負けで判断するのはほどほどに。上を見ても下を見てもキリがありませんよ。

比べるなら昨日の自分と比べましょう。スポーツ選手や名だたる成功者たちはそうしてきたといわれています。そうすれば嫉妬に狂うことも、人を見下して黒い心を持ってしまうこともなくなります。

7.マイナスな言葉を使うこと

「だって・出来ません・私なんて」そんな言葉を使っていたら、どんな状況であってもストレスはどんどん増えてしまいます。大切なのは捉え方です!もっと良い言葉を使えば、見える景色も変わってきますよ。

ストレスから解放されるには「大丈夫・出来る・私こそ」そんなプラスの言葉を使うのが近道。不思議と気持ちが前向きになり、くよくよ悩むことも減っていきます。普段使う言葉の質を意識してみましょう♡

誰だってもっとストレスフリーになれる!

思わずドキッとする項目があった方は、早速見直してみてください。あなたのことを大事にしてあげられるのは、あなた自身だけだということを忘れずにいましょう♡

記事に関するお問い合わせ