無料の会員登録をすると
お気に入りができます

10分以下で完成!デキる女の「おしゃれ海外スイーツレシピ」6つ

「デキる女だな」と思わせるためには、手際良く料理をするだけでなくデザートまでササッと作れることが必須条件!そこで今回は、10分以内で作れる海外発スイーツレシピをご紹介します。

2017年9月
レシピ

デキる女だなって思われたい♡

Photo by Cala / Unsplash

美味しい料理を手早く作れるのがデキる女の条件ですが、1ランク上を目指すならデザート作りもマスターしておきたいもの。「ちょっと待ってて」と言った後にササッと美味しいスイーツを出せば、きっと驚かれますよ。

①シャーベット

冷凍庫に入れなくてもきちんと凍るんです

シャーベットは一晩冷やして作るのが普通ですが、大量の塩水に漬けて振ると素早く凍らせることができます。5分間振り続けるのは少し大変ですが、腕のエクササイズと思って頑張ってみてはいかがでしょう?

果汁100%のジュース240mlを小さめの袋に入れて、大きめの袋に氷480ml分と塩240g、水240mlを入れます。ここにジュースの袋を入れたら、5分ほどよく振りましょう。お皿に盛りつければ完成です。

②チョコムース

3つの材料を混ぜるだけ!

kitchencents.com

濃厚でクリーミーなチョコムースは、材料3つだけなのでとっても簡単!ナッツなどをトッピングすれば、もっと豪華に見えますよ。動画では丁寧に絞り出していますが、時間がなければスプーンで入れるだけでOKです。

材料は生クリーム360mlと純ココア30~40g、粉砂糖30~60gが目安ですが、甘さはお好みで調節してみてくださいね。全ての材料をミキサーに入れて、クリーム状になるまで混ぜましょう。

③マシュマロクリーム

家にあるものがさらに美味しくなる♡

簡単に作れるのにアレンジしやすくて重宝するのが、マシュマロのクリーム。パンに塗ったりクッキーに挟むだけでなく、フルーツに添えるなど色々な使い方ができてとっても便利なんです。

マシュマロ全体がしっとりするまで サラダ油など香りが弱いオイルを少しずつ馴染ませましょう。15秒ごとに一旦取り出して全体を混ぜながら電子レンジで加熱し、柔らかいクリーム状になれば完成です。

動画ではマシュマロ200gを溶かしていますが、時間が経つと固まってしまうのですぐに食べきれる量で作ってみてくださいね。お砂糖を足してさらに甘くしたり、純ココアでチョコ味にしても美味です。

④チョコバナナケーキ

お砂糖不使用の簡単レシピ

できるだけヘルシーなスイーツを食べたいときにおすすめなのが、こちらのマグカップケーキです。お砂糖を使っていないので、バナナの自然な甘みを楽しめますよ。

材料1人分:

バナナ1/2本
牛乳大さじ4
小麦粉大さじ4
ベーキングパウダー小さじ1/2
純ココア小さじ2
トッピング適量(板チョコ、ホイップクリーム、フルーツなど)

フォークで潰したバナナと牛乳をよく混ぜてから、残りの材料を加えてさらに混ぜます。これをマグカップに写して、1~2分ほど電子レンジで加熱しましょう。お好きなトッピングを乗せたら完成です。

⑤ピーナツバターのケサディーヤ

市販のトルティーヤを使えば楽々!

Pin it
ピンもと: monimeals.com
1

大きなスーパーや輸入食品店に売っているトルティーヤ生地があれば、クレープ風簡単デザートをササッと作ることができます。アツアツのうちに食べると、ピーナツバターがトロリとして絶品ですよ。

トルティーヤ生地にピーナツバターを塗り、スライスしたバナナを乗せて二つ折りにします。バターを引いたフライパンで焼けばできあがり!もっと甘くしたいときは、ジャムやハチミツを加えてみてくださいね。

⑥チーズケーキ

電子レンジで温めるだけ♡

Media?size=l
instagram.com

サクサクの土台としっとりした生地が絶妙なバランスのチーズケーキも、電子レンジで簡単に作れます。動画では1000Wの電子レンジで1分加熱していますが、500Wの場合は2分を目安にしてくださいね。

材料1人分:

グラハムクラッカー2枚
バター大さじ1と少量
卵1個
クリームチーズ55g
サワークリーム大さじ2
砂糖大さじ2
バニラエッセンス小さじ1

0:50~ 生地を作ってカップに注ぎます

クラッカーを袋に入れて砕き、少量のバターをカップの内側に塗っておきます。ここにクラッカーと溶かしバターを混ぜて入れ、底に敷き詰めましょう。他の容器で残りの材料をよく混ぜてから、カップに注ぎましょう。

2:00~ レンジでチンして冷やせば完成!

電子レンジで1~2分加熱し、表面が固まったら型から外しましょう。冷蔵庫で1時間ほど冷やせば、より美味しくいただけますよ。

頑張り過ぎないのに美味♡

Photo by Hannah Morgan / Unsplash

スイーツ作りの時間を短縮すれば、余裕を持って後片付けもできますよね。何事にも全力で頑張るよりも、手を抜けるところで上手に抜く方が、「デキ女」に近付けますよ♡

記事に関するお問い合わせ