無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お外に出たいの?猫が窓の外を眺める理由4つ

多くの飼い猫は、窓の外を眺めるのが好きな傾向にあります。窓辺で何時間もまったりとくつろぐ猫も少なくありません。一体なぜ猫は窓の外を眺めるのが好きなのでしょうか。その理由について、本記事で詳しく解説していきます。

ペット

なぜ猫は窓の外を眺めるの?

「うちの子は窓の外を眺めるのが好き」という飼い主さんは多いと思います。猫は一体どのような理由から、窓の外を眺めているかご存じでしょうか。

今回は窓の外を見るのが好きな猫の心理について、深掘りしながら解説をしていきます。それではさっそく「猫が窓の外を眺める理由」を見ていきましょう!

1. 窓の景色が気になるから

窓の外で揺れる木々や、車やバイクや自転車の音、窓の近くを通る人たちの様子など、家の場所によっては、窓の景色は次々と変わっていきます。そんな移り変わる窓の景色に興味を持つ猫は、とても多いです。

「窓の外から聞こえてくる音は何?」「向こうで走っている乗り物は何?」「窓の近くを歩いているあの人は誰?」といったように、”猫の興味をそそる要素”が窓の外にはたくさんあるのです。

2. 窓の外にいる鳥や虫が気になるから

窓のすぐ近くに虫や鳥がいた場合、「向こうに獲物がいる!」と思って反応する猫も少なくありません。

全ての猫に共通するわけではありませんが、窓の外に獲物を見つけた際に「カカカカッ」といった鳴き声をあげる猫もたくさんいます。

飼い猫だったとしても、虫や鳥などの獲物を見ると本能的に反応してしまうのでしょうね。

3. 外にいる飼い主さんのことが気になるから

飼い主さんが外出して窓の外を通る場合、窓辺に近づいて飼い主さんのことをお見送りする猫もいます。

また、出先から帰ってきた飼い主さんのことをお迎えするために、窓辺でじーっと待機して待っている子もなかにはいるようです。

飼い主さんのことが大好きな証拠といえますね!

4. ひなたぼっこがしたいから

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ