無料の会員登録をすると
お気に入りができます

肩こりに効く!1日3分の“頑張らない”ストレッチのすすめ♡

肩周りを効果的にほぐすことのできる、“頑張らない”ストレッチをご紹介していきます。疲れを感じている忙しい女性におすすめです。自分をもっと労わってあげましょう♡

2017年8月
美容

辛い肩こりにはストレッチが効く

肩こりに悩んでいませんか?それは血行不良や筋肉の固まりが原因かも。和らげるにはストレッチで身体をほぐしてあげることが大切です。

肩周辺をほぐすことで首や背中の疲れも改善されます。血行が促進されるので、目の疲れが楽になる、顔色が良くなるといったメリットも♡嬉しいことばかりですね。

“頑張らない”でいいんです♡

ただし1日行っただけでは、すぐに効果は薄れてしまいます。大事なのは長く続けていくこと!そこで今回は、疲れていてもできるような“頑張らない”ストレッチをご紹介していきます。

ゆったりとした動きで3分ほど行うだけでOK。一度行うだけでも身体が楽になったのを感じられるはずです♡ぜひ試してみてください。

“頑張らない”ストレッチを始めよう!

1. 腕を引き寄せる

楽に座り、まずは腕を真横に伸ばしていきます。反対側の手を外側からかけ、ぐーっと身体に引き寄せていきましょう。

左右行えば完了です。ゆっくと肩の可動域を広げていきましょう。

2. 頭の上で手を合わせる

今度は両手を頭の上へ持ち上げ、手の平同士を合わせます。背中を丸めたり、腰が反ったりしないように姿勢を正して行うのがポイントです。

30秒ほどキープすれば完了。呼吸が止まらないように意識してみてくださいね。

3. 手を入れ替え肘を曲げる

2のポーズから手の平を一度外側に向け、手の甲同士を合わせます。そして手の位置を入れ替え、下の写真のように手の平同士を合わせましょう。

肘を曲げて手を頭に近づけていき、肩甲骨を動かしていきます。心地良いなと感じる腕の高さで、30秒ほどキープしましょう。ゆっくりと手を下ろします。

4. 肩甲骨タッチ

肘を曲げて斜め前に向けます。そのまま肘を徐々に持ち上げていき、手の平で肩の後ろをタッチしましょう!胸を軽く張るとやりやすくなりますよ。

余裕があれば肩甲骨まで届かせてみて。普段しない動きを取り入れることで固まった筋肉をほぐしていきます。30秒キープすれば完了です。

5. 肘を引き寄せる

今度は肘を曲げた状態で腕を頭上に上げます。右手で左肘を持ち、右側にひっぱりながら、身体も優しく倒していきましょう。体側をぐーっと伸ばすようにしてみて。

反対側も同様に行います。気持ち良い程度の力加減で行ってみてください。

これなら続けられそう♡

“頑張らない”ストレッチは忙しい女性の味方!とっても気持ち良い動きばかりなので、ぜひトライしてみてください。

続けることで肩こりに悩まされない、快適な身体を手に入れることができますよ。

記事に関するお問い合わせ