無料の会員登録をすると
お気に入りができます

実は1番の美容法♡ 快適で「良質な睡眠」のためのコツ

健康にも美容にも大切な「良質な睡眠」。気候的に過ごしやすい秋は睡眠習慣を改善するのにぴったりの季節です。そこで、質の良い睡眠をとるコツやポイントをまとめてみました。今までの睡眠や寝る前の行動などをこの機会に再チェックしてみましょう!

2017年9月
美容

最高の美容法は「良質な睡眠」です♡

最近、快眠できていますか?

質の良い睡眠をとることは健康にも美容にもとても大切なことです。しかも、睡眠は人生の3分の1を占めるんだとか。

Pin it
ピンもと: oraclefox.com
27

そこで、健康と美しさを維持するために質の良い睡眠をとるコツやポイントをご紹介します。

1.食事は寝る2~3時間前までに

finda.photo

食べてすぐ寝るのはNGです。胃腸が働いている間は深いレム睡眠に入りにくくなっています。食事は寝る2~3時間前までに終えておきましょう。

2.入浴は寝る1~2時間前に

しっかりお風呂に浸かると深部体温が上がります。その後、湯冷めでだんだんと深部体温が下がります。この体温変化が眠りやすくするポイントとなるので、入浴のタイミングは寝る1~2時間前が目安です。

3.寝る前にブルーライトを見ない

finda.photo

ブルーライトは脳に刺激を与えるため、眠りを妨げてしまいます。寝る前(睡眠の1~2時間前)は、画面からブルーライトを発するTVやPC、スマートフォンなどを控えるのが良いでしょう。

4.寝る前にストレッチをする

Pin it
ピンもと: wellandgood.com
4
862

寝る前に軽いストレッチをすると良いでしょう。筋肉のコリがほぐされる上、カラダがほどよく温まりリラックス状態になることで、質の良い睡眠に繋がります。

寝る前1分♡肩こり解消&安眠を叶える「肩甲骨ストレッチ」

辛い肩こりに悩んでいる方、必見! 寝る前に1分程行うだけで肩こりが楽になる簡単なストレッチをご紹介していきます。やるとやらないとでは、翌朝の身体の快適さが大きく変わってきますよ。毎日を輝かせたい方は、早速始めてみてください。
8271

5.飲み物はノンカフェイン

finda.photo

コーヒーなどカフェインが入った飲み物は寝つきを悪くしてしまいます。飲み物はノンカフェインのものにしましょう。また、アルコールは浅い眠りが続く原因になるので寝酒はやめましょう。

6.自分に合った枕を使う

たかが枕と侮ってはいけません。自分に合っていない枕は眠りに悪影響を与えることも…。

finda.photo

首や頭の高さは人それぞれですし、また、枕の好みも人それぞれです。「寝返りのしやすさ」「呼吸のしやすさ」「肩や首に負担はないか」などを確認して、自分に合った枕選びをしましょう。

7.パジャマの素材はコットン

部屋着とパジャマを兼用するのはNG!吸水性・通気性・保温性に優れているなど、パジャマは快眠を得るためのたくさんの機能を持っています。寝る時はきちんとパジャマに着替えましょう。

パジャマの素材は「コットン(綿)」がおすすめ。汗を吸い取る吸水性・吸湿性に優れ、通気性や保温性も高く、洗濯にも強いです。安価で手軽に買いやすいのも嬉しいポイントですね。

30オーガニックフライス無地×ネコポケット

tsumori chisato SLEEP

¥ 16,200

オーガニックコットン100%のフライス素材を使用した、スウェットタイプのパジャマ。ストレッチ性のあるソフトな肌ざわりで着心地抜群です。パステルトーンのカラーリングやトップス前面にあしらわれたネコのデザインなど、全体的にやさしく女性らしい雰囲気に仕上がっています。

商品詳細
30オーガニックフライス無地×ネコポケット
zozo.jp
商品詳細

8.毎日同じ時間に就寝・起床!

finda.photo

毎日同じ時間に起きて同じ時間に寝ることを習慣化させ、生活リズムを確立しましょう。そうすることで体内時計が整い、自然な眠りを引き起こせるようになります。

良質な睡眠で、美も健康も手に入れて

良質な睡眠がとれるようになると、美容効果はもちろん、日中のパフォーマンス向上やストレスの軽減などのメリットも期待できます。

暑い夏が過ぎて、気候的に過ごしやすい秋は睡眠習慣を改善するのに最適な季節です。より睡眠の質を高めるために、今までの寝る前の行動や生活習慣をこの機会に再チェックしてみましょう。

記事に関するお問い合わせ