無料の会員登録をすると
お気に入りができます

キラキラなのにナチュラル見え!メタリックなアイシャドウを使って、色っぽ秋冬アイメイク♪

1度はしてみたいメタリックカラーを使ったアイメイク。ただ、ギラギラして派手になりすぎないか?悪目立ちしないか?など不安感から挑戦できないという声も多く聞かれます。そこで今回は程良くキラキラ感のあるメタリックカラーを使って、色気のあるまぶたに仕上げるテクニックをご紹介します!

メイク

この記事のHowBガール

常岡珠希

化粧品会社経営、美容講座講師

ナチュラルに取り入れるポイントをおさえることで、程よいキラキラ感あるメイクを楽しむことができますよ!

メタリックカラーを使ったアイメイク2種類

今回はメタリックなニュアンスが楽しめる、2つのメイク方法を紹介します。両方ともテイストをそろえるために、使うアイシャドウは同じラインナップから。色と質感が微妙に異なる2色をセレクトしました。

パール入りのベージュ+大粒ラメのパープル

左から、マジョリカマジョルカ シャドーカスタマイズ VI101 ヒヤシンス ¥800(税抜)、BE203 綿菓子 ¥500(税抜)※本人私物

左:VI101 ヒヤシンス
右:BE203 綿菓子

メタリックというと強そうな印象がありますが、「シャドーカスタマイズ」のフローティングタイプは高輝度の大粒ラメで、上品な輝きが特徴です。

色味も淡いトーンなので、パープル系を加えてニュアンスチェンジをすると、女性らしくてかわいいい印象に。

今回使うアイシャドウはこちらの2色。まずはベースに細かい粒子のパールがたっぷり入っている「BE203 綿菓子」をセレクト。

肌に良くなじむベージュ系で、ベースに仕込むとまぶたの色むらをなくし、ワントーン明るくツヤ感のあるまぶたになります。

その上に「VI101 ヒヤシンス」を重ねることで、パープルニュアンスが程良く加わり、目元の透明感もアップします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ