無料の会員登録をすると
お気に入りができます

グミ好き必見!140種類のグミが集まる「GummyWeek2017」に注目

レシピ

春日井製菓からベストセラー商品の「つぶグミ」がエントリー。中でもコスパ面でも優秀なつぶグミは、カラフルでフォトジェニックな見た目から最近インスタグラムではスイーツのデコレーションなどでも愛用している人も続出中なんです。

カンロ株式会社「ピュレグミ」

カンロ株式会社から2002年から発売され、見た目の可愛さや今までのグミの概念を覆すような"甘酸っぱさ"で今なお人気なグミ「ピュレグミ」がエントリー。噛むたびにフルーツのようなジューシーさも特徴的ですよね。

カンロ食品からはピュレグミの進化版でもある「ジュレピュレ」もエントリーしています。ピュレグミに比べて少し小粒でふっくらとしたジュレピュレには、グミの中にジュレが入っていてピュレグミとはまた違う楽しみ方が出来ます!

UHA味覚糖「コロロ」

グミアワード2017年で5品と最多の出品をしているUHA味覚糖からは「コロロ」に注目。本物の果実のようなプレミアムなグミを作りたいという思いから開発されたコロロは、果実に近付けるために果汁100%の果肉のようなグミを薄い膜で覆い、食感をより本物に近付けています。「ココロは一気に一袋食べきっちゃうんだよね......」と編集長のやんさん(笑)。

カバヤ食品「ピュアラルグミ」

カバヤ食品からはまったく新しい食感の「ピュアラルグミ」がエントリー。
「グミとは全く食感の違うりんごを、グミで表現するならば……」というところから開発されたピュアラルグミ りんご味は、今までにないくらい癖になる柔らかいグミなんです。
また、2種類の異なった固さのグミを使うことでりんごのような食感を生み出しています

HARIBO「ハリボー ゴールドベア」

日本国内でも有名なHARIBO社からはなじみ深い「ハリボー ゴールデンベア」がエントリー。ハリボーのグミといえばあの固さ。ハリボーが開発された当時のヨーロッパでは余り固いもの噛む習慣がなかったため、歯やあごの強化のためにあの固さになったんだそうです。

グミアワード2017のグランプリ発表は9月4日(月)!

今回のグミアワード2017年には、自分好みのグミに誰でも投票することが出来ます。
タイトルは「テイスティング部門」「デザイン部門」「フォトジェニック部門」の3種類!
どれもも魅力的な特徴があって、映えある第一回グミアワードのタイトルを受賞するのはどのグミなのか注目です。

「Gummy Week 2017」ならではの珍しいグミも……

「Gummy Week 2017」限定の商品も販売されていました!その名も「開運グミ」。
ちなみに開運グミの気になる中身は……

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ