無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知らないうちに傷つけてない?彼が自信を喪失するワード

付き合って長くなると自然と言いたいことも言える関係になりますが、時にはつい言い過ぎてしまう、ということはありませんか? 実は女性より傷つきやすい男性。何となく言った一言で彼が傷ついて自信をなくしてしまうのです。

2018年2月
恋愛・結婚

彼氏を知らずに傷つけているかも?

彼氏と話している時、不用意なひとことで傷つけてしまっていることがあるかもしれません。優しい彼氏なら、傷ついても顔では笑っていることもあるため、知らないうちに傷付けているとしたらあなたもショックですよね。

pixabay.com

何気ない一言のつもりでも、男性を傷つけると自信まで喪失させてしまいますから、十分に注意しておきましょう。ここでは、男性が傷ついてしまいやすい言葉とともに、どう言い換えれば良いのかを取り上げていきます。

1.「そんなことも出来ないの?」

こうした言葉は、彼氏に期待をしているからこそだとも言えますが、ハッキリと「そんなことも出来ないの?」と言ってしまうのはNGです。この言葉のニュアンスには、出来て当たり前という意味が含まれています。

そのため、彼氏は「こんなことも出来ないなんて、俺は情けない男なんだな」と傷ついてしまうのです。出来ないことは誰にでもありますから、非難めいた言い方はしないようにしましょう。

pixabay.com

このような場面では、「◯◯くんが出来ないなんて意外だな、ちょっとかわいい」と言うようにすれば、彼氏もほっこりして喜んでくれますよ。

2.「え、知らないの?」

こちらも、彼氏が知っていて当然と思っていたことを知らなかったことで、つい口から出てしまいがちな言葉ですが破壊力は大きいです。1のように「そんなことも知らないの?」という言い方になってしまうこともありそうです。

Photo by Thought Catalog / Unsplash

男性は彼女よりも優位に立っていたいという思いを持っていることが多いので、このように言われると恥をかいたと思い傷つきます。バカにされたようで怒りの感情が芽生えてしまうこともあるので喧嘩の原因にも。

Photo by Daniel Silva Gaxiola / Unsplash

彼氏があなたの期待通りに出来なかったり、知らなかったりしても、こうした言葉は慎むようにしましょう。内心で「こんなことも…」と思っても、あなたが優しく「これはこうだよ」と教えることで彼は感激するでしょう。

3.「バカみたい」

冗談でじゃれ合っている時などを覗いては、「バカみたい」という言葉は彼氏を見下しているように感じさせる言葉です。冷めた目で見ている、という感じもします。

Photo by Ryann Flippo / Unsplash

それも彼氏が得意になっていたことや、あなたに分かって欲しくて見せてきたものなどに対して言ってしまうと、彼氏は大きく傷つきます。一緒に喜んだり共感して欲しいと思っていた男心を理解してあげましょう。

Photo by Dmitriy Ilkevich / Unsplash

内心では「バカみたい」と思っていても、笑顔で「すごいね♡」と言ってあげる優しさを持ちたいですね。

4.「そういう人だと思わなかった」

この言葉を言われることで、男性は「自分は彼女の思ったような人間じゃないんだ」とショックを受けて傷ついてしまいます。こういう言い方をされると、まるで「もう好きじゃない」と言われたように感じるのです。

Photo by freestocks.org / Unsplash

彼女の思っていた人間と違っていたから、もう愛されないかもしれない、と考えてしまうのですね。あなたを「そういう人だと思わなかった」と思わせてしまった何かがあった時は、次のように言ってみましょう。

Photo by josh peterson / Unsplash

「◯◯くんのそういうところは、受け入れられないかもしれないけど…◯◯くんのことは好きだよ」と。そんな言い方なら、彼氏を傷つけることなく、彼氏に直して欲しい部分をやんわりと伝えられるはずです。

5.「キモい」

ズバリ、「キモい」と言われることも意外と傷ついてしまう男性が多いものです。カップルで言うくらいなので、本気ではないというつもりでいても、言われた男性はグザリときていることもあるのです。

Photo by Ayo Ogunseinde / Unsplash

「キモい」という言葉は、まるで生理的に無理だと言われているような誤解を与えてしまうこともありますから、じゃれて言うなら「やめて♡」など、かわいさがある言葉と言い方に変換しましょう。

6.「男のくせに」

「男のくせに」の後に続く言葉は色々とありますが、この枕詞が付いてしまうだけで、彼氏の男としてのプライドは砕かれてしまいます。男としてふさわしくないと言われたように感じるので、自信もなくしてしまいます。

心の中でそのように思ってしまっても、「男のくせに」とは言わず、「◯◯くんならきっと出来るよ」とか「やってみたらうまくいくと思うよ」などと励ます言葉に変換すれば、彼氏はやる気を出してくれるでしょう。

7.「小さいね」

「小さい男だね」という意味のことを言われると、男性はとても傷つきます。やはり男として、彼女であるあなたから尊敬されたいと思っていますので、小さいと言われてしまうと立つ瀬がなくなるのです。

Photo by Ariel Lustre / Unsplash

ちょっとガッカリしてしまったという時でも、言い方を変えて「本当にそう思う?」と問いかけたりして反省を促してみると、彼も考え直すかもしれません。

www.pexels.com

こうした男性のプライドをひどく傷つける言葉は、口から出る前になんとしても心の中に留めておきたいものですね。

親しいからこそ忘れがち

お付き合いが長くなったりして気心が知れた関係になると、ついデリカシーのないこうした言葉を言ってしまうこともあるものです。あなた自身、知らないうちに彼氏を傷つけるようなことを言っていなかったでしょうか?

もし心当たりがあるのなら大いに反省して、これからは言葉で彼氏を傷つけてしまうことがないように気を付けていきましょうね♡

記事に関するお問い合わせ