無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目指せ貯まる女♡新年に見直すべき貯金が増える「財布の中身の整理術」

貯金がしたい!と意気込んでいても、財布の中身がぐちゃぐちゃでは、いつまでたってもお金は貯まりません。財布の中身を整理して、お金の出入りをきちんと把握し、今年こそお金の貯まりやすい財布を目指しましょう。

2017年9月
ライフスタイル

貯まるお財布って?

お金持ちの人は、お金を大切に扱い、お財布も毎日手入れするそうです。お金はエネルギーであり、お金が過ごす場所であるお財布を居心地の良いものにすることで、お金が「また戻ってきたい」と感じる快適なお財布にしているのです。

Media?size=l
instagram.com

また、お財布を管理できないのは、自己管理もできていない証拠。ではお財布を管理してお金の流れを把握し「貯められる女」になるには、一体どのようなお財布を目指せば良いのでしょうか?

Media?size=l
instagram.com

パンパンに膨らんだお財布、使ってない?

パンパンに膨らんだお財布は寿命が短い

パンパンに膨らんだお財布と、毎日手入れされたきれいなお財布。どちらが長持ちすると思いますか?答えは…簡単ですよね。そう、きれいに手入れされたお財布の方が長持ちします。

パンパンに膨らんだお財布は型崩れしやすく、使える寿命が短くなります。10万円のお財布を3年で買い替えるのと5年で買い替えるのでは、1年あたりのコストが変わってきますよね。

Media?size=l
instagram.com

また、1日の終わりにはお財布をキレイに手入れしましょう。手垢や埃など、意外と汚れが付着しているものです。普段は柔らかい布で乾拭きし、汚れが目立つ時はお財布の素材によってクリーナーを使いましょう。

レシートは溜めない!

そのレシート、必要ですか?

お財布が膨らんでしまうことの原因の一つが、レシートです。ついつい、もらったレシートをそのままお財布にしまいこんでいませんか?お財布の中にとっておく意味はあるのでしょうか。

家計簿をつける習慣のある方は、もちろんとっておいて構いません。家計簿をつけていない方は、もらって使った金額を確認したら、処分するようにしましょう。

一時保管場所に置く

レシートは、1日の終わりに財布から全て取り出す習慣をつけましょう。毎日お金の支出を振り返ることで、財布の残金や無駄遣いを把握することができます。

お財布を整理したいけれど毎日家計簿をつけるのは面倒な場合は、とりあえす財布から出してレシート保管場所へ。何かの空き箱でもペン立てでも何でもよいので、一時保管場所を作るのです。レシートが溜まりすぎる前に記帳しましょう。

ついつい溜めちゃうカード類

カード、何枚持ってる?

今使っているお財布の中にはクレジットカードや診察券、ポイントカードなど、一体何枚のカード類が入っているでしょうか?ちゃんと把握できていますか?何枚持っているのか分からない人は要注意です。

何のカードが入っているか分からないくらいにパンパンに詰めこまれていると、肝心な時に使いたいカードがすぐに見つかりません。容量オーバーの窮屈なお財布では、お金の居心地も悪くなってしまいますよ。

それって本当はお得じゃないかも

ついつい作ってしまうポイントカード。よく行くお店のものならまだしも、一年に数回しか行かないショップのものならば作らない選択肢の方が賢いかもしれません。そのカードが本当に必要かどうか、検討してみてください。

ポイントカードの還元率は概ね0.5%~1%が多いです。つまり、1000円分のポイントを貯めるには、10万円もの買い物をしなくてはなりません。ならば、ポイントカードを複数持つより、グループ会社などで共通のポイントが貯まるカードに集約した方がお得です。

クーポン券は使うものだけ

また、〇%オフや〇〇円引きなどのクーポン券。レシート同様にお財布の中に溜まっていませんか?たくさんありすぎると、本当に使いたい時に見つからないという事態に陥ってしまいます。

また、クーポン券を持っていると「クーポン券を使わないともったいない」という心理が働き、不要なものまで買ってしまうこともあります。たとえクーポン券がなかったとしても、買いたい物だけ買うようにする方が賢明です。

使う金額だけを一度に引き出そう

ATMで引き出すのは月に1回

あなたは毎月、何回くらいATMに行きますか?節約のためと思って、少額をこまめに引き出してはいませんか?ひと月でいくら使うのかをあらかじめ決めておき、まとめて引き出すことをオススメします。

少しずつお金を引き出していると自分がどれくらいお金を使っているのか分かりにくく、少額なら使っても大丈夫かと無駄遣いしやすいのです。また、急にお金が無くなった時に、時間外で引き出すとATM手数料がかかってしまうことも。

毎月使って良い金額だけまとめて引き出し、その額内でやりくりする癖をつけましょう。お財布にまとまったお金が入っていればお財布を大事に持つ意識も芽生え、失くし物も防ぐことができます。

お財布の置き場所はどこがいい?

保管場所を決める

お家に帰ったら、お財布はどこに置いていますか?バッグの中に入れっぱなしにしていませんか?お金はエネルギーを持っているものですが、お家に帰った時にはゆっくり休ませてあげましょう。

Media?size=l
instagram.com

また、バッグから取り出したとしても床の上などに直接置きっぱなしにするのはNG。床の上はチリや埃などが溜まりやすく汚れています。そんな所にお財布を置きっ放しにしては絶対にいけません。

Media?size=l
instagram.com

帰宅したら、お財布は必ずバッグから取り出してクローゼットや寝室の引き出しの中にしまいましょう。毎日決まった場所で休ませてあげるとお金も心地よく休めますよ。

目指せ!貯まる女♡

Media?size=l
instagram.com

お金を貯めるには、まずはお金の流れをつかむことです。そして、お金が居心地よく過ごせるように財布の中を整理整頓し、お金を使ってもまたすぐに戻ってきてもらえるように環境を整えておくことが大切です。ぜひ今日から実践してみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ