無料の会員登録をすると
お気に入りができます

新年に見直すべき♡貯金が増える「財布の中身の整理術」で目指せ貯まる女

節約・マネー

貯まるお財布って?

お金はエネルギーであり、お金が過ごす場所であるお財布を居心地の良いものにすることで、お金がまた戻ってきます。そのため、快適なお財布にしていることはとても重要です。

また、お財布を管理できないのは、自己管理もできていない証拠。ではお財布を管理してお金の流れを把握し「貯められる女」になるには、一体どのようなお財布を目指せば良いのでしょうか?

パンパンに膨らんだお財布、使ってない?

パンパンに膨らんだお財布は寿命が短い

パンパンに膨らんだお財布と、毎日手入れされたきれいなお財布。どちらが長持ちすると思いますか?答えは…簡単ですよね。そう、きれいに手入れされたお財布の方が長持ちします。

Inna Dodor / Getty Images

パンパンに膨らんだお財布は型崩れしやすく、使える寿命が短くなります。10万円のお財布を3年で買い替えるのと5年で買い替えるのでは、1年あたりのコストが変わってきますよね。

1日の終わりにはお財布をキレイに手入れしましょう。手垢や埃など、意外と汚れが付着しているものです。普段は柔らかい布で乾拭きし、汚れが目立つ時はお財布の素材によってクリーナーを使いましょう。

レシートは溜めない!

そのレシート、必要ですか?

お財布が膨らんでしまうことの原因の一つが、レシートです。ついつい、もらったレシートをそのままお財布にしまいこんでいませんか?お財布の中にとっておく意味はあるのでしょうか。

spukkato / Getty Images

家計簿をつける習慣のある方は、もちろんとっておいて構いません。しかし、家計簿をつけていない方は、もらって使った金額を確認したら、処分するようにしましょう。

一時保管場所に置く

レシートは、1日の終わりに財布から全て取り出す習慣をつけましょう。毎日お金の支出を振り返ることで、財布の残金や無駄遣いを把握することができます。

takasuu / Getty Images

お財布を整理したいけれど毎日家計簿をつけるのは面倒な場合は、とりあえす財布から出してレシート保管場所へ。何かの空き箱でもペン立てでも何でもよいので、一時保管場所を作るのです。レシートが溜まりすぎる前に記帳しましょう。

記事に関するお問い合わせ