無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬が見せる『嫉妬サイン』4選!こんな仕草をしていたらやきもちを妬いているのかも…!

飼い主さんのことが大好きな犬たちは、実は色々な場面でやきもちを妬いていることがあります。嫉妬をこじらせて関係性を悪化させないためにも、犬が見せる嫉妬サインに気がついてあげてくださいね。

ペット

犬の嫉妬サイン①強引に割り込む

犬がやきもちを焼く場面として最も多く見られるのが、大好きな飼い主さんが他の犬や子どもをかわいがっているとき。なでたり抱っこしたりするだけでなく、話しかけたり見つめたりするだけでもやきもちを焼いて嫉妬の仕草を見せることがあります。

このような場面では、飼い主さんと他の犬や人を引き離すように間に割り込むような行動が見られることが多いでしょう。強引に鼻先から突っ込んできて、自分の頭や体を飼い主さんに押しつけるなどとてもわかりやすい嫉妬サインです。

犬の嫉妬サイン②いたずらや粗相で気を引く

飼い主さんが他の人と話していたり、忙しそうにしているときに自分のことを見てもらいたいという気持ちを募らせるといたずらなどをすることがあります。

犬と一緒に生活をしていると、犬が“いいこ”にしていてくれているときにどうしても放っておきがちだと思います。わんぱくな子犬期から少し成長し、吠えたりいたずらをしたりせずにいてくれることが当たり前になるとそれをほめることすらしなくなってしまう飼い主さんはとても多いのです。

しかし、いたずらやトイレの失敗など飼い主さんが困ることをすると「こら!」「何してるの~!?」などと言いながら、犬に目を向けたり近づいたりすると思います。少しくらい怒られたとしても、犬は飼い主さんにかまってもらえたと思って喜んでしまいます。

そのため、飼い主さんが他の人と話し込んでいるときなどに、気を引こうとしてわざと困らせるようなことをすることがあるのです。

犬の嫉妬サイン③無視・その場から去る

飼い主さんにかまってもらいたくて、色々な嫉妬サインでアピールをしてみても気がついてもらえなかったとき、あきらめてその場から去ってしまうこともあります。

部屋の隅の方に行って、名前を呼ばれても背中を向けたまま無視をすることもありますし、嫉妬心から部屋から出ていってしまうことも。明らかにいじけているときの行動ですね。

やきもちを焼くだけでなく、そのせいで落ち込んでしまったり飼い主さんへの信頼感が失われてしまったりすることもあるので、あまりにもいじけている様子が見られたらスキンシップなどでしっかりフォローしてあげてくださいね。

犬の嫉妬サイン④吠える・噛むなどの攻撃行動

嫉妬の気持ちから、対象の相手に対して吠える・噛むなどの攻撃行動や威嚇行動をする犬もいます。特に飼い主さんが他の犬とおもちゃで遊んだり、おやつをあげたりするときなどにそのような行動を見せる犬は少なくありません。

特におやつやおもちゃなどその犬が大好きなものが絡むと、嫉妬心だけでなく所有欲や独占欲なども混ざって、余計に攻撃性が高まってしまうことがあるので十分に注意しましょう。

やきもちを焼くタイプだということがわかっていたり、独占欲の強いタイプの場合は、愛犬の目の前で他の犬におやつを与えたり、おもちゃで遊んだりするのは少し控えた方がいいかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ