無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう一度おさらい!「卵」の美味しい茹で方・焼き方教えます♡

ゆで卵に目玉焼き、ポーチドエッグなど、毎日の料理に欠かせない「卵」。基本に戻り、なんとなく作っていた「卵」の調理法を改めておさらいしてみましょう。美味しく作るコツや、意外と知らないレシピの基本をご紹介します♡

レシピ

幸福な味「ポーチドエッグ」の基本

プロに学ぶ基本の作り方

①たっぷりのお湯を沸かし、お酢を入れます。
②卵が鍋底にくっつかないようにお湯を軽く混ぜ、できるだけ冷たい卵をそっと落とします。
③火は強火のまま、沈んだ卵が浮いてきたらお湯をかき回し、アクを取り除きます。

④沸騰を保ちながら程よい固さになるまで茹でるだけ。茹で時間は3分程度、殻がない分 茹で時間は短めです。
⑤茹で上がったらぬるま湯に取り出し、無駄な白身を取り除いて出来上がりです。

ポーチドエッグのアレンジ例

こんにちは!
#超熟イングリッシュマフィン を使って、#エッグベネディクト を作りました🍞
「Pascoとおいしい時間」の中の「Pascoでつくってみた」のコーナーに、レシピを投稿しています。
私の中では『エッグベネディクト=お店で食べるメニュー』のイメージだったので、おうちで簡単に作れることに感動しました♡
ぜひ作ってみてください🎵
・
https://www.pasco-sc.fun/cooking/635
・
picで食べているのは妹。
妹も私と同様に、自宅でエッグベネディクトという感覚がなかったようで、「えっ!美味しいっ!」と何度も言いながら、食べてくれましたよ✨
美味しいって言葉は、何回聞いても嬉しいものですね◡̈♡
・
#パスコ #pasco #Pascoとおいしい時間 #超熟 #イングリッシュマフィン #パスコサポーターズクラブ #敷島製パン #eggbenedict
instagram.com

優雅な朝食に欠かせない卵料理「ポーチドエッグ」。パンにのせたり、お手製のオランデーズソースをかけて、お洒落にエッグベネディクトを味わうのも素敵ですね。作り方を覚えておくと、自宅でホテルの朝食が再現できますよ!

詳しいレシピはこちら
oceans-nadia.com

温野菜やグリル野菜との相性も良いポーチドエッグ。ソテーしたアスパラやアボカドにのせるだけで、思わず写真に撮りたくなるお洒落な一皿になります。

詳しいレシピはこちら

あなたはどっち派?「目玉焼き」の基本

黄身のキレイな目玉焼き

目玉焼きは見た目も大事。黄身と白身のコントラストがキレイな目玉焼きを作るには丁寧さを忘れずに!まずは、フライパンに入れやすいように卵は1つずつ割り、器にいれて準備しておきます。

oceans-nadia.com

①フライパンを弱火にかけ卵を入れます。
②蓋をして超弱火にして10分ほど蒸し焼きにし、蓋を外し、黄身の周りの白身の透明な部分が白くなるまで焼いたら完成です。

目玉焼きの基本レシピ

白身がカリカリの目玉焼き

香ばしさが食欲をそそる目玉焼きを作るには、いくつかコツがあるようです。

recipe.rakuten.co.jp

①冷たいフライパンに、油を敷き卵を割り入れます。ここで初めて火をつけるのがポイント。
②中火から強火に火をかけ蓋をせずに焼いていき、白身のふちがカリカリになってきたら出来上がりです。

記事に関するお問い合わせ