無料の会員登録をすると
お気に入りができます

週末だけで運気アップ!?今すぐできる「開運風水」お掃除テクニック7選♡

「なんだか最近ツイてないな…」って思う時ってありませんか?仕事に恋、何をしても上手くいかずストレスでやる気も出ない、そんなあなたでも大丈夫!週末だけで厄を落としてツキを鍛える方法があるんです。ヤケになる前に今週末にぜひ開運風水を試してみてください!

2017年9月
ライフスタイル

休日すぐにできる開運風水が知りたい!

待ちに待った週末なのに、目立った予定がなくて一日中ゴロゴロと寝ていたり、彼がいないからといって自閉的になっていませんか?そんな生活を送っていると、部屋中の空気がどんより重くなって気も滞ってしまいます。

「自分なんてどうせ…」と卑屈になる前に、小さな開運行動であなたの生活によい気が流れるようにしてみませんか?大きな幸運を招くためには、このちょっとした“行動”が大切なんです。

週末風水で一気に浄化!おすすめ開運術

1. トイレを磨いて運気の底上げ

トイレは、人間の生活に欠かすことができない大切な場所ですよね。トイレがいつもキレイな状態にしておくだけで、家中にいい気が回ってさまざまな運気の底上げができちゃうんです。

また、トイレは水の気が多く不浄の空間でもあるので、陰の気が生じやすいのもお忘れなく。汚れたままにしておくと、金運や健康運に悪影響を与えてしまう場合も。掃除と換気、消臭に気を配るようにしましょう!

2. テレビ周りのホコリを取る

電化製品はどうしても静電気などでホコリが溜まりやすい場所。特に、いろいろな情報を届けてくれる「テレビ」がホコリだらけになっていると、コミュニケーション力低下につながる恐れがあります。

テレビなどのコード類もぐちゃぐちゃにしておかず、スッキリ束ねたりまとめておくと、欲しかった情報やヒントが浮かびやすくなるともいわれています。テレビ近くに観葉植物を置くのも効果的です。

3. ソファーの上に物を置かない

風水では、用途に合わないことをすることがタブーとされています。つまり、必要のないものを置かないことが鉄則。あなたの家のソファーはどうなっていますか?脱ぎっぱなしの服や洗濯物を置いていませんか?

ソファーは本来座ってくつろぐためのものであり、家庭運や健康運を左右する気が流れている空間でもあります。乱雑に服などを置くと運気も乱れてしまいますので、ソファー周りは常にスッキリと整えておきましょう。

4.下着をきちんと整理する

お気に入りの下着を身につけるだけで、気分が上がりますよね。それくらい女性にとって下着は大切なもの。下着は直接お肌に触れるものなので、運気の高いものを着用することが好ましいとされています。

特に、恋愛運をアップさせたい時は、下着を手洗いにしてランジェリーケースの中に入れて収納するくらい大切に扱ってみましょう。ステキな出会いが引き寄せられたり、今まで進展のなかった関係がうまくいくかも?

また、古くなったり色あせてきた下着は交換のサイン。下着は、洋服以上に消耗品なので、買い替えのタイミングを常に意識しておくのも大切です。

5. 爪を切って厄落とし

爪は、皮膚が変化してできるもので、根本から指先まで伸びるのに約半年以上かかります。風水的に見れば、半年間の厄が溜まっているということになるので、爪を切るだけで簡単に厄落することができるのです。

切った爪は半紙などの白い紙で包んで、その上から塩をひとつまみかけて浄化してから捨てるとより効果的。運気をリセットしたい方にオススメの、ズボラさんでもできる開運法です。

6. 枕元にお気に入りの香りを

人は寝ている間に運気を一番吸収すると言われています。平日になかなか洗濯できない枕カバーやシーツは休日にこまめに取り替えるようにし、清潔に保つようにすることが大切です。

また、枕元に香りの良い物を置くのも開運テクの一つ。良い香りは良い運気を運んでくれると言われています。何の香りを選んで良いのか分からない場合は、ローズやラベンダーなどのナチュラルな香りがオススメ。

7. 朝から夕方までのバスタイムで厄落とし

水は人間の気持ちを変えるだけでなく、穏やかにしてくれます。最近、何となくツイてないなという方は、お風呂に入って汗と共に厄を出すといいでしょう。身体に潜んでいるいい才能が出てきやすくなりますよ。

お風呂のお湯はぬるめにして湯船に浸かり、汗をかいたらあがって少しゆったりし、気が向いたらまた入るということを、朝から夕方まで繰り返してみてください。内側ある厄を徹底的に落としてしまいましょう!

今週末から開運風水を試してみよう♡

ちょっとした工夫で出来る開運風水、いかがでしたか?少しの行動で運気を上向きにすることが出来ますし、何より自分自身が気持ちよく毎日を送る手助けにもなります。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ