無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼氏に「可愛い」と思われる♡ アラサー女子の“上手な甘え方”テクニック

最近では、好きな人に素直に甘えられない女性が増えている一方で、もっと恋人に甘えてほしいと思う男性も増えているのだとか。彼氏や旦那さんから愛されるには、甘え上手になることがポイントです。今回は、ちょっとした努力で甘え上手になれるテクニックをご紹介します。

2017年9月
恋愛・結婚

甘え下手から卒業したい。

彼氏や好きな人に上手く甘えられないのを自覚している人って結構多いはず。また、自分なりに甘えているつもりでも、その方法が少しズレてしまっていたり。

若いときと同じような甘え方では、子供っぽく見られてしまうのがアラサー女子の難しいところですよね。今回は、彼に「可愛い」と思ってもらうための大人の甘え方についてまとめてみました。

今すぐ実践できる!大人の上手な甘え方♡

1. ツラい時は「大丈夫」と言わない

寂しいとき、仕事で失敗して凹んでいるとき、つい「大丈夫」と言って自分の素直な気持ちにフタをしていませんか?いじらしくて可愛い部分もありますが、痩せ我慢はもったいないものです。

男女間において、甘えるというのは素の自分をさらけ出すことにつながります。普段は仕事に一生懸命で大体のことは1人でできる女性が、いざというときに「ごめん、これだけできないから助けて!」と自分をさらけ出す姿はとても魅力的です。

ただし、「飲みすぎたから送って」「寂しいから今すぐ来て」など、わがままに聞こえてしまうような甘え方は重すぎるので注意。あくまでも「ちょっとダメなところがある」程度が男心をつかみやすいでしょう。

2. 会いたくなったら時間を決めて!

彼に会いたいのに会えないとき、忙しい彼に対して「仕事と私とどっちが大事なの?」なんてことを言ってしまったりしていませんか?甘えるのとわがままは紙一重なので、何事もバランスが大切です。

彼に会いたくなったとき、例えば「30分だけ飲みに行こうよ!」というフレーズが使えます。時間をあらかじめ決めることで、仕事で忙しい彼もスケジュールを組みやすくなります。

そして、実際に彼と会うことができたら「急に会いたくなって」と素直な気持ちを伝えると彼の心に刺さるはず。時間になったら「今日はありがとう!」と一旦切り上げることも重要です。別れが惜しくて、彼の方から延長に突入するかも?

3. 彼を立てまくってから甘える

女性に立ててもらって喜ばない男性はいませんよね。「◯◯くんって本当にカッコイイよね」としっかり立ててから、「だから甘えたくなっちゃうんだよね」と付け加えるだけで彼の胸にスルッと入り込みすくなります。

記事に関するお問い合わせ