無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そろそろ結婚したい♡彼からプロポーズを引き出すテクニック6選

そろそろ結婚したいな…。そう思っているカップルでも、うまく結婚まで踏み込めないでいることがあります。今回は女性が自ら積極的に動いて彼にプロポーズをさせるテクニックをご紹介します。

2017年9月
恋愛・結婚

彼からプロポーズされたい!

彼とのお付き合いが長くなり、「そろそろ…」と思っている女性も多いのではないでしょうか。今回は男性側がなかなか結婚に踏み出さずにいる場合に使える、プロポーズを引き出すテクニックを7つご紹介します。

彼からプロポーズの言葉を引き出そう♡

①献身的に看病する

彼が体調を崩した時は、誰よりもそばにいて看病しましょう。献身的に世話をする彼女の姿を見たら、「この人ならずっと一緒にいてもいいな」と思う男性は多いです。

熱を出して汗をかいた体をふいたり、お粥を作ったり…、自分が弱っているときにそばで優しく看病されたら、彼女に対する感謝は本物になり、結婚の意欲もわきやすくなります。

②いつも誰よりも応援する

付き合いが長くなってくると、日頃の彼の頑張りをわざわざ労うことも少なくなってきませんか?彼の努力を当たり前に思わず、いつも側で一番に応援する存在でありたいですね。

仕事で頑張っていたら「毎日頑張っているね」と声掛けをするなど、ちょっとした心遣いを普段から忘れないようにしましょう。

③家計を任せられる女性として振る舞う

彼女のお金の使い方が派手だったら、なかなか結婚相手としては選びにくいですよね。反対に、賢く買い物をするやりくり上手な姿勢を目にすると、生活を共にするパートナーとしてイメージしやすくなるものですよ。

④一緒にいると安心する女性になる

夫婦にとって、「一緒にいると安心する」というのはとても大切なことです。一緒にいるとほっと一息つけるような存在になるにはどうしたらいいのか考えてみましょう。

仕事で疲れて帰ってきた彼に、グチグチ小言を言ったりワガママを言ったりしていませんか?ちょっとしたことですが、彼の居心地の良い空間を奪ってしまっているかもしれません。

⑤基本的なマナーをマスターする

どこに出しても恥ずかしくない女性として、彼に認識されていますか?特に男性にとって大切なのは、両親に紹介できるかどうかです。彼の両親に紹介してもらえる女性になるために一般的なマナーをおさらいしましょう。

感謝を言葉にしたり、間違ったことをしたらすぐに謝れるなど、ちょっとしたことでもマナーになります。日常的に気をつけて、彼にマナーが守れる大人の女性だと認めてもらいましょう。

⑥素直に「結婚したい」と言ってみる

思い切ってあなたから「結婚したい」と話してみましょう。もしかしたら彼側がそれを待っているのかもしれません。あなたがいま結婚したい状況なのだということが彼に伝われば作戦成功です。

番外編:彼からのプロポーズにこだわらない

男性側からのプロポーズにこだわっていませんか?近年は女性からのプロポーズも増えています。運命はどのように展開していくかわかりません。勇気を出して彼へのプロポーズ作戦を決行してみませんか?

何度かアピールしたら今度は引く

結婚したい意志を彼に伝えても結婚する雰囲気にならない場合は、一度引いてみましょう。結婚を諦めたかのように見せることで焦っていた彼も少し落ち着くことができます。

逃げられると追いたくなるのが人間の心理です。彼からの結婚のGOサインが出るまで少し辛抱して自分を鍛える時間にしましょう。

ただ待ち続けるのはもうやめた!

結婚に向けて、女性が積極的に動いてプロポーズに近づくテクニックをご紹介しました。どんなときも彼のためを思って行動することで何事も上手くいくと思いますよ。素敵なプロポーズがありますように。

記事に関するお問い合わせ