無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「いいね♡」が止まらない!簡単オシャレな「フードフォト」テクニック5つ

食べる前につい写真を撮りたくなるような、おしゃれなカフェご飯や腕をふるって作った手料理。せっかく撮るなら、もっと美味しく華やかに見せたいですよね。すぐに使える簡単なテクニックで、インスタ映えするフードフォトが撮れちゃうんです。

2017年10月
グルメ

「いいね♡」が増えちゃうフードフォト

「写真に撮った食べ物や飲み物が、いまいち美味しそうに見えない……」なんてこと、ありませんか?フォトジェニックな美味しいご飯やスイーツは、より華やかに撮ってSNSにアップしたいですよね。

実は、食べ物を撮るには、いくつかコツがあるんです!デジカメでもiPhone撮影でも大丈夫。誰でも簡単にできるテクニックで、うんと美味しそうなフードフォトを撮影しちゃいましょう!

インスタ映え「フードフォト」5つの技

1,料理に関係ないものは写さない

Media?size=l
instagram.com

背景に余計なものが写り込んでいませんか?料理に関係ないものが写っていると、視線がそちらに向いてしまい、せっかくの料理が目立たなくなってしまいます。

Photo by Yanko Peyankov / Unsplash

レストランやカフェで写真を撮るときは、メニュー・伝票は一度見えない場所に置きましょう。お家ごはんを撮るときは、テーブルの上の調味料やティッシュなど、生活感のあるものが写り込まないよう注意しましょう。

Media?size=l
instagram.com

料理に関係ないものが置かれていないので、カラフルな料理が際立ち、インパクトのある写真になります。

2,なるべく、自然光で撮る

Media?size=l
instagram.com

料理を撮るときは、太陽の光が当たるところがベスト!柔らかい光と影をフードフォトに取り入れることで、オシャレ度がぐんとアップ。

Media?size=l
instagram.com

とはいえ、食事は室内でとるのがほとんどですよね。できれば窓際やテラスなどを選んで、写真を撮るのがおすすめです。

Media?size=l
instagram.com

太陽による自然な明るさと色合いで、食べ物を何倍も美味しそうに表現することができます。

3,料理を写真の中央に置かない

Photo by Alexandra Kusper / Unsplash

美味しそうな料理が並んでいると、全て写真に収めようとして、ついつい料理を中央に置いてしまいがち。でも、何だか平坦で、メニューのような記録写真になってしまっていませんか?

Media?size=l
instagram.com

左右どちらかに料理を置いてみましょう。たったこれだけで工夫のある写真が撮れちゃいます!オシャレな雰囲気もぐんとアップ!簡単なテクニックですが、写真の印象ががらりと変わりますよ。

4,大胆に、グッと料理に寄って撮る

Media?size=l
instagram.com

思い切り料理に寄って撮ることで、料理のみずみずしさがアップ。また、周囲がボケるため、写真に立体感が生まれます。コツは、お皿の縁が見切れるくらいまで大胆に寄ること!

Media?size=l
instagram.com

果物の潤いやソースの照りなど、細かい部分まで美味しそうに表現されているのが分かります。

5,あえて、カトラリーや手元を写してみる

Media?size=l
instagram.com

料理自体のインパクトが薄いときは、カトラリーを料理のそばに置いてみましょう。ナイフやフォークの「質感の違い」が、ワンポイントの役割を果たしてくれます。

Photo by Sharon Chen / Unsplash

和食なら、お箸を活かしてみましょう。お箸の直線的なフォルムが、写真にメリハリを持たせてくれますよ。

Media?size=l
instagram.com

お皿に手を添えたり、食べ物をつまむ様子を写すと臨場感が出ます。雰囲気のあるフードフォトが撮れること間違いなし♡

簡単テクで「フードフォト」がもっとオシャレに

Media?size=l
instagram.com

カメラ初心者でもすぐに実践できるテクニックを紹介しました。コツをおさえて、素敵な食事を一段とおしゃれに、おいしそうに撮影しちゃいましょう!オリジナルなフードフォトで、いいねが増えること間違いなし♡

記事に関するお問い合わせ