無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もっと強くなりたいから。今よりも自分を好きになるためのヒント7選

自分のことが大好き!と胸を張って言えますか?実際は、欠点が多過ぎてとても無理...と思う方が多いのではないでしょうか?しかし強い心を持つポジティブな女性になるためには、まず自分を好きになることから始めなければいけないんです。

2017年9月
ライフスタイル

もっと自分を好きになりたい

何があっても前向きで強い心を持つ女性になるには、自分を好きになることが不可欠です。自分という人間の価値を知っていれば、他人の目を気にせずのびのびと生きられそうですよね。

Photo by Pete Bellis / Unsplash

とはいえ、常に自分を好きでいるのは意外と難しいもの。ミスをして自分の不甲斐なさを感じたり、他人と比べて自分がみじめに思えたりすることは、誰にでもあるのではないでしょうか?

ここでは自分を好きになるために、普段から心がけておきたいことをご紹介します。自分自身を褒めて伸ばすことができるようになれば、今よりもっと魅力的な女性になれますよ。

①自分のことを責めない

失敗から何かを学べばOK

何かミスをする度に、自分を責めていませんか?それでは何も改善しないばかりか、自信がなくなって新しいことに挑戦できなくなってしまいます。

自分を責めるのではなく、ミスの原因をじっくりと考えてみてください。そこから何かを学んで次の機会にもう少し上手くできれば、それでいいんです。

②自分を許してあげる

少しでも早く気持ちを切り替えられるように

お菓子を食べ過ぎたり、衝動買いをしてしまったり、たまに自己嫌悪に陥る日もありますよね。そんなときは少し反省するべきですが、すぐに自分を許してあげてください。

Photo by rawpixel.com / Unsplash

恋愛で嫌な思いをしたとしても、前を向くには気持ちを切り替えて相手を許さなければいけませんよね。自分自身との関係も実は同じ。大丈夫だよと言い聞かせれば、心が軽くなって頑張る力が湧いてきますよ。

③とにかく行動してみよう

少しずつなら失敗しても怖くない!

慎重に考えて行動するのは大人の女性として当然ですが、1人で悩んでいるとネガティブなことが頭に浮かんでしまいがち。思い切って挑戦してみる方が、自分を好きになれることもあるんです。

失敗するのが怖ければ、まずは小さなことから試してみましょう。最初は数百メートルしか走れなくても、努力を続ければフルマラソンだってできるようになるはずです。

④他人に優しくすることを忘れない

周りが笑顔になれば自分も幸せに

自分のことを好きになるというのは、自分のことしか考えないという意味ではありません。周りの人たちと良い関係を築くことは、相手だけでなく自分を笑顔にするのに必要だからです。

例え相手に何かしてあげることができなくても、思いやりを持って接することができればそれで十分。あなたの優しい気持ちには、誰かの心をほわっと温かくする力がありますよ。

⑤時間を無駄にしない

充実した生活を送る自分が好き♡

お休みの日に何もせず1日中スマホを見ていたら、自分のことを嫌いになりそうですよね。自分に与えられた時間を有意義に使うことを心がけましょう。

といっても、せっかくのお休みに1日中勉強をするのは難しいかもしれません。まずは10分スマホチェックをする代わりに、そのうちの5分間だけ本を読んでみてはいかがでしょう?

⑥自分の心と身体をケアする

上手に肩の力を抜くのが大人の女性!

努力している女性は誰から見ても魅力的ですが、無理は禁物。例えば体が悲鳴をあげるまでダイエットを続けたらリバウンドや肌荒れを引き起こし、理想の自分から遠ざかってしまいかねません。

今よりも素敵な女性になるためには、自分の心や身体の声に耳を澄ますことも大切です。頑張り過ぎているなと思ったら、少し力を抜いてみてくださいね。

⑦クリエイティブになる

自分で自分の人生をより良いものにする!

SNSに綺麗な写真と文章をアップする、インスタント食品に頼らずに料理をするなど、1日1回は何かクリエイティブなことをしてみましょう。

クリエイティブな作業は不得意だから...と思うかもしれませんが、人は誰でも自分の人生を自分でプロデュースしなければいけません。自分の考えに基づいて何かを作り出す作業は、人生を輝かせるのに役立ちますよ。

昨日よりも素敵な自分が目標♡

今より自分を好きになるためには努力が必要ですが、常にベストを尽くすのが正解だとは限りません。頑張り過ぎて途中で燃え尽きてしまったら、長い人生を乗り越えることができなくなってしまいます。

まずは、昨日よりも少しだけレベルアップすることを目標にしてみましょう。「昨日よりも今日の自分の方が好き」と思えたら、もっと自分を大切にしてあげられるようになりますよ。

記事に関するお問い合わせ