無料の会員登録をすると
お気に入りができます

眠るだけでキレイになれる♡「睡眠美容」を今日から実践!

「睡眠」についてきちんと考えたことはありますか? 毎日ただなんとなく眠りについているだけではないでしょうか? 睡眠には質があり、質を良くすればお肌の調子も健康にも良い効果が期待できます。眠るだけでキレイになれる、「睡眠美容」を早速今日から実践してみましょう。

2017年9月
美容

②体を温めてリラックス♡

人間は、体温の温度差によって眠気を感じやすくなります。健康な人は日中の体温が高く眠る時の体温が低くなりますが、現代女性は冷え性が多いため一日中体温が低いままの人も多いとか。

アイマスクでリラックス

目や耳など、情報を取り入れる部位を温めることによって、高ぶった神経が落ち着き眠りモードに。アイマスクやアイピローなど、好みのアイテムを取り入れてみて。

足湯でポカポカに

冷え性の人の多くが末端冷え性で、足先や手先が冷えやすくなります。足湯で足を温めてあげると末端の血行が良くなり、全身がポカポカと感じるようになります。

温まった体温が下がる時に眠気を感じるようになるので、就寝したい時間に合わせて足湯やお風呂に入るようにしましょう。お湯の温度は、心も体も心地よくほぐれる40度くらいがおすすめです。

アロマオイルでリラックス

お風呂や足湯に入るときには、アロマをたいたりアロマオイルをお湯に垂らすとリラックス効果が高まります。

アロマオイルの中でもカモミールやマンダリン、ラベンダーなどがリラックス効果が高く、眠気を誘う香りとして効果的。夜だけの香りを用意すれば、自分の中での眠りスイッチになりますよ。

③就寝前のストレッチで体をほぐそう

眠る前にストレッチなど軽い運動をすることで、一時的に体温が上がります。ベッドに入る頃に体温が下がるように時間を調節すれば、温度差で入眠がスムーズになります。

柔軟性を高めるストレッチ動画

ストレッチの基本である前屈を深くするのにはポイントがあります。ポイントを押さえた上で、今までの柔軟度合いと比較してみてください!

instagram.com

ストレッチは入眠をスムーズにするだけでなく、体をほぐすことで1日の疲れが取れやすくなります。毎日続けることでしなやかなボディも手に入りますよ。

記事に関するお問い合わせ