無料の会員登録をすると
お気に入りができます

眠るだけでキレイになれる♡「睡眠美容」を今日から実践!

「睡眠」についてきちんと考えたことはありますか? 毎日ただなんとなく眠りについているだけではないでしょうか? 睡眠には質があり、質を良くすればお肌の調子も健康にも良い効果が期待できます。眠るだけでキレイになれる、「睡眠美容」を早速今日から実践してみましょう。

2017年9月
美容

④スマホは遮断し、優しい音楽を聞く

眠る準備が整ったら早めにベッドへ入りましょう。ホルモンの分泌を良くするために、なるべく22時までに眠りにつくのがベストです。しっかり熟睡できるパジャマや寝具を選んでくださいね。

ヒーリングミュージックで自律神経を整える

就寝時にはテレビやラジオを消して、脳のスイッチを睡眠モードに切り替えるようにしましょう。リラックスできるヒーリングミュージックを聞くのも効果的です。

波や雨の音など、水に関する自然の音は、脳をリラックスさせる効果が高いと言われています。

スマホはいじらない!

テレビやパソコン、スマホなどの電子機器からは、ブルーライトが発せられています。このブルーライトには脳を覚醒させる作用があるため、寝る前に浴びると質の悪い睡眠になる恐れがあります。

Photo by Adriano de Gironimo / Unsplash

枕元にスマホを置き、SNSをチェックしたりネットショッピングしながら寝る…などという習慣がある人は要注意! まずは、スマホをベッドの近くに置かない生活を始めてみましょう。

⑤体内時計を整えよう

朝起きたら、まずカーテンを開けて太陽の光を浴びましょう。人間の体内時計は25時間になっていて毎日1時間のズレがあるのですが、太陽の光を浴びることでリセットされます。

そして、睡眠を促すメラトニンというホルモンは、太陽の光を浴びてから14~15時間後に出され始めます。つまり、朝7時に太陽の光を浴びれば、自然と21時~22時頃に眠くなるのです。

早寝早起きする習慣をつけることで、体内時計のリズムが整い、成長ホルモンの分泌が促されます。朝早く起きたら、夜もなるべく決まった時間にベッドに入るようにしましょう。

いいことづくめの睡眠美容を始めよう!

pixabay.com

美容にも健康にも良い睡眠美容。深くぐっすりと眠ることができれば精神的にも満たされ、お肌だけでなく生活全般の質が上がります♡ いいことづくめの睡眠美容、早速今夜から始めてみませんか?

記事に関するお問い合わせ