無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一緒に飲むと幸せになれるジンクス♡淡路島発「アイラブネ」知ってる?

全国各地にいろいろなご当地サイダーがありますが、ここ最近、特に大人女子に注目を浴びているのが「アイラブネ」です。なんだかキュンキュンしそうなネーミングで気になりませんか?

2017年9月
ライフスタイル

これがうわさの「アイラブネ」

Media?size=l
instagram.com

今回ご紹介する「アイラブネ」は兵庫県淡路島で誕生したご当地サイダーで、「島サイダー」とも呼ばれています。妙見山のふもとでくみ上げられる「御井の清水(おいのしみず)」を100%使用しています。

Media?size=l
instagram.com

美味しいのはもちろんですが、なぜこのサイダーに注目が集まっているのか…気になりませんか? 早速、このサイダーの魅力と人気のひみつに迫ってみましょう!

女子ウケするワケ

実は、この「アイラブネ」を大切な人と一緒に飲むと幸せになれるというジンクスがあります。「大切な人」、それは彼でも親友でも家族でも、あなたが"この人と幸せになりたい!"そう思う人なら誰でもかまいません。

このジンクスの謂われは、このサイダーの誕生に関係があると言われています。また、ちょっぴりレトロなパッケージも人気のひみつ。キュンとするようなほっこりするような…これが女子の心を掴んでいるのですね。

Dummy error 300x300
instagram.com

誕生のひみつ

“初めてのシュワー! 恋するサイダー アイラブネ“
これが「アイラブネ」のキャッチコピーです。どういう意味があるのでしょうか。

Media?size=l
instagram.com

国生み神話では、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)がお互いに「なんて素敵な人なんだろう」と一目ぼれ。その後、結婚をして最初の島となる「淡路島」をお生みになった、とされています。

このふたりのエピソードが日本神話の最初に語られる恋物語かもしれない、と言われています。そんな甘酸っぱいエピソードをイメージして、「淡い刺激」で表現したのが「アイラブネ」です。

Media?size=l
instagram.com

「アイラブネ」のネーミングは、島の「アイランド」、キャラクターの「ラブ」ちゃん、そして「ラムネ」を組み合わせたものだそうです。素敵ですよね。

Media?size=l
instagram.com

こだわりのパッケージ

Dummy error 300x300
instagram.com

「いざなぎ」と「いざなみ」の出会いをイラストをパッケージに。どこかレトロな淡いタッチのイラストに、赤い文字とハート。この、キュン♡とする可愛さに、飲み終わった後のビンも捨てられないんです。

Media?size=l
instagram.com

イラストばかりに目が行きますが、ビンにも注目です。嘘偽りのないピュアな愛を表現したかのような、淡く透き通った水色のビン。どこを取っても「恋するサイダー」にぴったりなパッケージなんです。

気になるお味

「御井の清水」はミネラルを豊富に含む天然の石清水です。この天然水を100%使い、炭酸と砂糖を控えめにすっきりとした後味に仕上げたサイダーです。

Media?size=l
instagram.com

暑い時期にはシュワーッ!と涼を与えてくれますし、寒い時期には乾燥した室内でのドライな喉を潤してくれますよ。甘さ控えめなので、飲んだ後も口の中が粘つくことがありません。とっても爽快なんです!

「アイラブネ」はここで買おう!

Dummy error 300x300
instagram.com

1本200円(税抜)で購入できる「アイラブネ」。淡路島に入ってしまえば、コンビニやサービスエリア、観光施設でたくさん見かけますよ。ここでは、「アイラブネ」の購入もできるオススメスポットをご紹介します。

のじまスコーラ

www.nojima-scuola.com

2010年に廃校になった小学校を活かし、自然やアート、美味しい料理を楽しめる施設を2012年にオープン。ベーカリーやカフェ、マルシェの他、テラスではBBQも楽しめます。校庭にはミニ動物園もありますよ。

のじまスコーラ

奇跡の星の植物館

Media?size=l
instagram.com

淡路夢舞台の敷地内にある屋内型施設です。夏も冬も雨の日も、快適な環境で季節ごとの植物を楽しむことができますよ。気候が良ければ、夢舞台の広大な敷地もぜひ散策してみてくださいね。

奇跡の星の植物館

うずの丘 大鳴門橋記念館

Dummy error 300x300
instagram.com

全国ご当地バーガーの1位と2位を楽しめる夢のような施設。淡路は玉ねぎが有名ですが、その玉ねぎを前面に押し出したフォトジェニックな企画が盛りだくさん! 食も遊びも100%楽しめて大満足すること間違いなし♡

うずの丘 大鳴門橋記念館

現地に買いに行けません…

Media?size=l
instagram.com

購入できる店舗が複数あるとはいえ、それは淡路島に行っての話。なかなか淡路島までは…そんな人には通販がオススメです。サイト「島と暮らす」には、他にも淡路島名産品がズラリ。つい買いすぎてしまいそうです。

「島と暮らす」サイトで買ってみる

アイラブネで I love ね♡

単に語呂が良いだけのご当地商品ではない「アイラブネ」。昔の神話から今の願い、そして未来への想いがギュッと詰まった淡路島自慢の島サイダーです。

Media?size=l
instagram.com

あなたの大切な人との幸せを願って、ぜひ、一緒に飲んでみてくださいね。素敵な未来が訪れますように♡

記事に関するお問い合わせ