無料の会員登録をすると
お気に入りができます

20代の浪費分を取り戻す♡30歳からのとにかく増やす貯蓄のススメ

20代はお金を浪費しすぎた…そんなあなたには30代からしっかり貯めるためのシフトチェンジが必要!無理なく増やしてどんどん貯めるために始めたい、お金との付き合い方をまとめて紹介します。

2017年9月
ライフスタイル

20代の浪費、今からでも取り戻せる?

答えはYES!30代からでも遅くない♡

服に習い事に旅行に…。20代のうちにずいぶん浪費してしまって今貯金がほとんどできていない!と後悔していませんか?そうした20代の浪費分を取り戻すためには、30代からしっかりお金に向き合って賢く貯めることが大切。

そこで今回はアラサー女性が知っておきたいお金、そして貯蓄のコツをまとめてご紹介いたします。ご紹介する方法はいずれも今すぐ始められることばかり。ぜひチェックしてみてくださいね。

①:先取り貯金は基本中の基本

先取りができれば、生活が楽になる?

決まった額が毎月きちんと貯められる確実な貯金法といえば、やはり先取り貯金。

30代からしっかり貯めるためにはもちろん、この先取り貯金を始めることが必要不可欠です。まずはお給料日に自動で定期預金に積み立てられる方法を選んだり、会社の財形貯蓄を利用してみましょう。

生活形態に合わせて貯金額を設定して

なお先取り貯金の金額は、ファイナンシャルプランナーによっても設定額が異なるためあくまで参考ですが、手取りをベースとして独身で一人暮らしの場合は10-15%、実家暮らしなら30-50%、既婚で共働き子供なしの場合は20-30%、子供がいる場合や片方だけが働いている場合は15-20%を目安に設定してみましょう。

もちろん、それ以上に貯金ができるという場合は額や割合を増やしてもOK!ただ貯めたお金は絶対手をつけないというのが基本なので、無理のない範囲からコツコツ始めることが大切です。

②:毎週出費の見直しTIMEを作る

週に1度、出費の無駄を確認するクセをつける

先取り貯金と一緒に始めたいのが、余計な出費の見直し。

家計簿をしっかり記録していても1ヶ月単位ではどうしても無駄が増えてしまうからこそ、おすすめは毎週決まった曜日の決まった時間にその週の出費の見直しを行うことがおすすめです。

定期的に見直すことで行動が変えられる

そうすることで、「今週はカフェに行くことが多かったから来週は控えよう」「大きな買い物をしたから次の週はなるべく節約しよう」とすぐに細かな調整が可能になります。

もちろん難しく細分化して分析する必要なんてなし!レシートを1週間分ファイルに入れたものを見直したり、カードのWEB照会画面を見ながら出費を見直すだけでも十分な効果がありますよ。ぜひ自分にあった方法で継続してみてください。

③:複数のポイントを貯めない

ポイントを貯める=得するは洗脳?

あなたの財布には何枚のポイントカードが入っていますか?もし今すぐ正確にその枚数が答えられないのなら、それはお金の無駄遣いの原因につながっているのかもしれません。

私たちはなんとなくポイント=お得、というように感じていますが、本当に得しているのはポイントを発行することでたくさんの売り上げが見込めるお店側。余計な出費を減らすためにもポイントに惑わされないことが大切です。

本当に必要なポイントだけを厳選して

とはいえまったくポイントを貯めないというのはやはり損をする気がしてしまうもの。だからこそ、本当によく使うポイントカードだけを厳選して持ってみませんか?

「マイルだけ貯める」「よく使うスーパーだけはポイントカードを持つ」など自分にとって必要なものだけを厳選してみましょう。自分のライフスタイルや生活圏をきちんと把握していれば、必要なポイントカードは決して多くないはずです。

④:投資は自分に合ったものから始める

投資=怖い、は間違い。いろんな方法がある

投資というと「知識がない」「元本割れしてしまいそう」「自分には向いてない」と知らず知らずのうちにネガティブな印象を持ってしまっていませんか?

でも本当はそんな投資こそお金を賢く貯めたい人へのメリットがいっぱい。現在既に1000万件以上の口座が開設された税制上の優遇があるNISAには、手数料がお得なネット証券やお手軽なロボアドバイザーなどの選択肢も!

自分に合うものを選べばお金は増やせる

もちろん増やし方やリスクの考え方は様々。元本割れのリスクが気になるという方は、個人向け国債や公社債、保険商品のみをチョイスすることもできますし、逆に中程度のリスクや高リスクで大きく増やす、とすることも可能です。

いずれにせよ、大切なのは自分に合ったものを納得した上で選んで購入すること。初心者向けの投資の基本情報は本やネットでも数多く溢れているので、信頼できる著者やソースのものを選んで勉強しながらはじめてみるのがおすすめですよ。

⑤:短期と長期の貯蓄を分けて考える

目標金額達成!でも本当にそれでいいの?

また20代にうまく貯金ができなかったという人に多いのが、目標金額が貯まったら旅行やエステ、趣味にお金をつぎ込んでいたというパターン。

決して貯めるのが下手ではないはずなのに、今貯金が少ないという場合はそうした短期のみの視点でお金を見ていたからなのかもしれません。

短期と長期でお金を考えるクセをつけて

大切なのは、お金を貯めるという行為そのものではなく、常に一定以上の金額をプールさせているという安心感。本当に困った時や必要なものができた時にお金で悩む必要がなくなることこそ、貯蓄のゴールなのです。

そのためには短期的な目標のためにお金を貯めるという視点だけではなく、漠然とした将来に向けてコツコツとお金を積み重ねるという長期的な視点が必要。貯蓄を考える時は、そうした2つの視点を意識してみてくださいね。

上手なお付き合いを大切に♡

お金に対する考え方や習慣を変えれば、30歳からだって巻き返しは可能。

20代の浪費を後悔した今こそがお金と賢く向き合うチャンス。ぜひ今回ご紹介したポイントを参考に、貯蓄への一歩を踏み出してみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ