無料の会員登録をすると
お気に入りができます

20代の浪費分を取り戻す♡30歳からのとにかく増やす貯蓄のススメ

20代はお金を浪費しすぎた…そんなあなたには30代からしっかり貯めるためのシフトチェンジが必要!無理なく増やしてどんどん貯めるために始めたい、お金との付き合い方をまとめて紹介します。

2017年9月
ライフスタイル

20代の浪費、今からでも取り戻せる?

答えはYES!30代からでも遅くない♡

服に習い事に旅行に…。20代のうちにずいぶん浪費してしまって今貯金がほとんどできていない!と後悔していませんか?そうした20代の浪費分を取り戻すためには、30代からしっかりお金に向き合って賢く貯めることが大切。

そこで今回はアラサー女性が知っておきたいお金、そして貯蓄のコツをまとめてご紹介いたします。ご紹介する方法はいずれも今すぐ始められることばかり。ぜひチェックしてみてくださいね。

①:先取り貯金は基本中の基本

先取りができれば、生活が楽になる?

決まった額が毎月きちんと貯められる確実な貯金法といえば、やはり先取り貯金。

30代からしっかり貯めるためにはもちろん、この先取り貯金を始めることが必要不可欠です。まずはお給料日に自動で定期預金に積み立てられる方法を選んだり、会社の財形貯蓄を利用してみましょう。

生活形態に合わせて貯金額を設定して

なお先取り貯金の金額は、ファイナンシャルプランナーによっても設定額が異なるためあくまで参考ですが、手取りをベースとして独身で一人暮らしの場合は10-15%、実家暮らしなら30-50%、既婚で共働き子供なしの場合は20-30%、子供がいる場合や片方だけが働いている場合は15-20%を目安に設定してみましょう。

もちろん、それ以上に貯金ができるという場合は額や割合を増やしてもOK!ただ貯めたお金は絶対手をつけないというのが基本なので、無理のない範囲からコツコツ始めることが大切です。

②:毎週出費の見直しTIMEを作る

週に1度、出費の無駄を確認するクセをつける

先取り貯金と一緒に始めたいのが、余計な出費の見直し。

家計簿をしっかり記録していても1ヶ月単位ではどうしても無駄が増えてしまうからこそ、おすすめは毎週決まった曜日の決まった時間にその週の出費の見直しを行うことがおすすめです。

記事に関するお問い合わせ