無料の会員登録をすると
お気に入りができます

細くなっていく大人の女の友情。ずっと友達でいられる7つの方法

歳を重ねるに連れて、自分とは違う生き方をしている女友達と疎遠になることが増えてしまいますよね。昔からの友人と付き合い続けていくためにはどうすれば良いのか、少し考えてみませんか?

2017年10月
ライフスタイル

大人になっても友情を育むコツとは?

恋人や家族と過ごす時間と同じぐらい大切なのが、気心の知れた友人とのひととき。一緒に美味しいものを食べたりお喋りをするだけで、気持ちがふわっと軽くなりますよね。

とは言え、それぞれが違う道に進んで環境が変わり、いつの間にか疎遠になることもありがちです。「あの時はあんなに仲が良かったのに...」という寂しい思いは、誰でも一度は経験しているのではないでしょうか?

そこで今回は、大人の女性が友情を育むためのヒントをご紹介します。今周りにいてくれる人たちと出会ったのも何かの縁。できるだけ長く親しく付き合えますように。

①遠距離恋愛みたいに考えてみて

連絡が途切れないための努力はマスト!

大好きな恋人と遠距離になってしまったら、こまめにメールをしたり忙しい合間を縫って会おうとしますよね。たまにしか会えない友人との関係においても、同じように努力が必要なんです。

定期的に近況報告をしたり誕生日にプレゼントを贈るなど、相手との繋がりが途切れないように少し頑張ってみてください。お互いが何もしなければ、疎遠になるのは避けられません。

②電話で声を聞いて親密度に

メールよりも相手を近く感じられる!

学生時代に出会った友人と濃い付き合いができるのは、毎日顔を見て話していたことも理由の1つではないでしょうか?メールだけのやりとりでは、実際に会うときほどの充実感は得られないかもしれません。

もちろんできるだけ頻繁に会うのがベストですが、難しければ時々電話で話してみましょう。お互いの声を聞くだけでも、メールより親密さを感じられるはずです。

③一緒にイベントに行く

学生時代を思い出してみて♡

学生時代、修学旅行や遠足を通して友人との仲がさらに深まったような気がしませんでしたか?大人になっても、たまには友人とどこかへ行く予定を立ててみましょう。

記事に関するお問い合わせ