無料の会員登録をすると
お気に入りができます

30超えたら女は色気♡ “エロすぎない”大人セクシーを作る方法7つ

30歳は女性にとって節目の歳といわれていますが、その先の人生のほうが長いのも事実。でも、もう「かわいい」は通用しません。だからこそ今、セクシー路線に切り替えるチャンスです。今回は、さり気なくセクシーになれちゃう極意をご紹介しましょう。

2017年9月
恋愛・結婚

色気ってどうやったら出るものなの?

「昔から元気キャラで、色気があるなんて一回も言われたことない…」と思っていませんか?30歳を超えるともう20代の若さには敵わなくなってきたなと、自覚することも多いはず。

色気は、意図的に出せるものではなく“無意識に出てしまう”もの。決して派手に着飾るのではなく、女性らしい上品さや優しさをしっかりと備えているかどうかがポイントとなります。

魔性の女を演じるには難しすぎる…!

とはいえ、いきなり魔性の女を演じるのは至難の業ですよね。もちろん学ぶことはたくさんありますが、色気のためにいきなりキャラを変えるのはあまりオススメしません。あくまでも自分らしさを失わないことが大切。

例えば、いつもかぶっている元気キャラの仮面をスッと外した時に出る素の状態などは相手に色っぽいと感じさせるものです。正しい色気を身につけるためにも、まずは以下のことから心がけてみましょう!

大人女子の色気を身につけるコツ♡

1. 優しさのオーラをまとう

あなたの周りの色気のある女性を思い浮かべてみてください。常にイライラして眉間にシワを寄せている人はきっといないはず。女性の色気には、包み込んでくれるようなやさしい表情が大切。

特に歳を重ねると恥じらいのない言動になってしまったり、結婚への焦りがある人はガツガツした態度になってしまいがちですが、これは、女性としての本能を遠ざけてしまう行為。例えば、普段自分がどんな顔で仕事をしているか、鏡でチェックしてみるものいいですね。

2. 相手の話を最後まできちんと聞く

相手の話を最後まで聞いたり、しっかりと発音をしたりする話し方の丁寧さは、女性らしい色気を自然と作り出します。話のテンポが少し早いと自覚している方は、話す前に一呼吸置くだけでも随分と印象が変わります。

また、話し方と同様、歩き方や立ち方、あいづちの打ち方、手の動きなども日頃から丁寧さを意識するだけで、女性の色気を普段から醸し出せるいい女にグンと近づきますよ。

3. 引き算できる場所を考える

派手なファッションやブランド物で着飾ることから、少しずつ卒業することも大切です。気合いを入れすぎてメイクすると、色気ではなく逆に攻撃的に捉えられることも少なくありません。

男性は、派手さよりもナチュラルな女性に色気を感じる生き物。例えば、自分のチャームポイントだけアピールするようなメイクやファッションにするというように、常に引き算を意識してオシャレを楽しみましょう。

4. 急な下ネタも華麗にかわす

男性は下ネタが好きな人が多いもの。急に女性に下ネタをふって、困った顔が見てみたいなんてSっ気の強い男性も結構いたりします。下ネタを振られた時に、あからさまに「ゲッ!」という顔をしても可愛いと思ってもらえるのは20代までです。

アラサー女性にもなれば、多少の下ネタでも華麗に切り返せるテクニックも必要です。ただし、自分から話を振ると下品だと思われてしまうので、相手からの下ネタに切り返す程度にしておきましょう。

5. 思わず触りたくなる体つき

最近では、細くてかわいい女性が良しといわれる時代ですが、アラサー女性の魅力はやはりなんといっても女性らしい体つきです。ほどよくお肉がついてメリハリのある女性らしい身体はセクシーそのもの。

特に、男性の視線が多く集まり、魅力や色気を感じるのは「お尻」や「脚」。痩せすぎや細すぎの下半身ではなく「触ったら少し柔らかそう」と思われるような、妖艶でしなやかなパーツを目指したいですね。

6. ほのかに漂ういい香り

男性はいつの時代も、女性のシャンプーや石鹸の香りに女性らしさや色気を感じるといわれています。また、無理に香水に頼らずとも、柔軟剤や髪用トリートメントやボディクリームなどでも十分な場合もあります。

香りをまとう時は、あまり甘すぎず優しい香りのものを選ぶのがおすすめ。香水をつけるのが習慣化している方は、普段から付けすぎてキツい香りになっている場合も。あくまでも“ほのかに香る”のが色気のポイントです。

7. 手入れのしてあるきれいな手

手は女性からすると意外と思われがちなパーツですが、手入れがきちんとされていて清潔感がある手に色気を感じてしまう男性も結構います。ここでいう手入れとは、ネイルをして磨き上げることではありません。

男性が色気を感じてしまう手というのは、短くて清潔感のある爪と透明感のあるマニキュアが塗ってあること。また、かさかさの手では魅力が半減してしまうので、ハンドクリームできちんと保湿することもお忘れなく。

魅力たっぷりなアラサー時代を楽しもう♡

「女性は30歳から」ともいわれるように、20代の頃とはまた少し違った魅力が出てきます。マナーなど上品な雰囲気を求められる年頃でもあるので、気を抜かず楽しみながら身につけていきましょう!

記事に関するお問い合わせ