無料の会員登録をすると
お気に入りができます

連絡の仕方で付き合い方が変わる?LINEで上手に彼の心をゲットしよう♡

アラサーになってくると、仕事が忙しくて連絡もついついおろそかになりがち。だからこそ、恋愛では連絡の仕方が重要になってきます。今回は、恋愛においても欠かせない連絡ツール「LINE」で上手に彼の心をゲットする方法をご紹介します。

2017年9月
恋愛・結婚

逆に、既読マークが付いたと言うことは、アナタのメールは読んでくれているということ。これからじっくり考えて返事を出そうとしてくれてるのかもしれませんし、ただ忙しくて返せないだけかもしれません。

既読マークが付いてるにもかかわらず彼から全然返事が来なくとも、心の余裕を持って返事を待つ姿勢も大切です。彼の状況を考えたり想像したりして、LINEのやり取りを行いましょう。

4. スタンプの多用はマイナスポイント?

最近、LINEのスタンプにはかわいいものから面白いもの、また便利なものなど様々。スタンプ1つで会話が成立することもありますが、相手にとっては手抜きや面倒くさいといった印象を与えてしまうことも。

スタンプは会話が盛り上がる要素がたくさんありますが、逆にマイナスポイントになってしまう場合もあるので、スタンプを使う時にはバランスを考えて使うのが無難でしょう。

一切スタンプや絵文字を使ってはいけないということではなく、極たまにスタンプや絵文字を使って、ちょっぴりおちゃめな一面をアピールするなどのギャップを狙ってみるのもいいかもしれません。

5. 気が利く一言で彼を気遣う

チャットのようにテンポよくLINEが続くと、つい時が経つのを忘れてしまいがちですよね。相手が仕事で忙しくなってきたり、用事ができてしまったり、夜だったら眠くなってきてる可能性もあります。

こんな時は、まだまだLINEをしたい気持ちをグッとこらえて「もうこんな時間だし、そろそろ寝よっか」とか「忙しくなったら仕事戻ってね」「また時間がある時にでも!」など気の利いた一言で終了しましょう。

女性ならではのちょっとした優しさや気の利いた言葉をさり気なく送るだけで、あなたの好感度は急上昇するはず。LINEを終わらせるのはツラいことではありますが、相手を思いやる気持ちが何よりも大切です。

6. 返事はなるべく早めに返す!

恋愛の駆け引きにおいて、返事をしなかったり遅らせることもテクニックの一つですが、やはり連絡がマメであることは最重要ポイント。マメであるということはその会話に真剣に向き合っているという証拠でもあります。

ただし、「マメ」と「しつこい」は紙一重なので、常にLINEばかり気にして日常生活に支障をきたしてしまうのは禁物。自分ができる範囲でなるべくマメに対応するようにしてみましょう。

記事に関するお問い合わせ