無料の会員登録をすると
お気に入りができます

将来が不安です。漠然としたアラサー特有の悩みから抜け出す6つのヒント♡

結婚のこと、仕事のこと、子育て、お金、親の介護...などなど将来への悩みが尽きないアラサー世代。もやもやとした不安に襲われてしまって、何も手につかないという人も多いのでは。そんなアラサー特有の漠然とした悩みから抜け出すための考え方、行動のヒントを紹介します。

2017年9月
ライフスタイル

アラサー女子に多い「なんとなく不安」

「仕事は順調にキャリアアップできてるけど、一生この仕事を続けていくかどうかはわからない」「結婚も焦っていないけど、正直このまま一人だったらどうしよう…」といった不安や心配に襲われがちなアラサー世代。

この得体の知れない気持ちの正体がわからず、ただモヤモヤとした日々を送っていませんか?アラサーと呼ばれる時期は、結婚、出産、子育てなど、人生の分岐点に立たされることが多い時期でもあります。

焦りや不安を感じる時だからこそ、落ち込むのではなく今後の自分の人生についてじっくり考える良い機会だととらえてみませんか?今回は、そんな悩み多きアラサー女子に向けた生きるヒントをご紹介します!

「なんとなく不安」が軽くなる♡6のヒント

1. 「正しい」から「楽しい」へシフト

社会に出てある程度大人になってくると「周囲の期待に応える自分であらねば」という思いが芽生えてくる人も多いはず。正しいことをすることは決して間違いではありませんが、考え方が窮屈になってしまうことも。

人生を面白く生きるには、「正しい」よりも「楽しい」がポイント。「〇〇しなければならない」というのは、自分が勝手に作り上げた心の癖でもあるので、まずはこの既成概念を壊していくことが大切です。

アラサーになると「自分のやりたいことがわからない」と迷ってしまうことも多いですよね。そんな時は、今までやりたかったけど、何となくやってこなかったことにチャレンジしてみるだけで視野がグンと広がりますよ。

2. 今の現実を信じ切らない

「彼氏もいないし、会社と家の往復だけの毎日でつまらない…」と思っている方は、今ある自分の世界がすべてだと思っていませんか?その現実を選んでいるのは紛れもないあなたですが、変えることだって可能なんです。

おすすめなのが毎月違う街に出かけて、あたかもその街で暮らしているように時間を過ごす方法。スーパーで買物をし、カフェや定食屋さんでご飯を食べる。その街の人に会って土地独特の空気を感じていくのです。

すると「ここで生活する人生もあるのかも?」と思えるようになって、今とは違う人生の可能性を感じるようになります。今とは別の人生があるとわかるだけで、日々の窮屈さからきっと解放されていくはず。

3. くだらないことを一生懸命やる

記事に関するお問い合わせ