無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冬の冷え対策には“温活”!オフィスに常備したい、女性に嬉しいあったかアイテム3選

ライフスタイル

多くの女性が感じる冬の悩みは「冷え」。「手足が冷たくて眠れない」「冬は頭痛や肩こりがつらい」など、心当たりがある人も多いのでは? 特に体を動かすことの少ないオフィスでは、冷えが助長されて血行が悪くなり、さらに冷えるという「冷えスパイラル」に陥ってしまうことも。そこで今回は、冬のオフィスでも手軽に取り入れられる、温活グッズたちをご紹介。上手に活用して、不調をよせつけずに冬を乗り切ろう!

電子レンジ対応ホット「健康ミネラルむぎ茶 275ml」(124円)

オフィスで手軽にホカホカに。温かく、ミネラルも補給できる電子レンジ対応「ホットむぎ茶」

冬は温かいドリンクで、内側からも体を温めたいもの。でも、コーヒーや緑茶ばかりでは、カフェインの摂りすぎも気になる・・・という人も多いはず。そこでおすすめしたいのが、希釈缶や粉末タイプのむぎ茶など、女性に嬉しい生活シーンに合わせた商品展開を行う伊藤園から発売された“ホットむぎ茶”。

「乾燥する冬は呼気や皮膚から水分やミネラルが失われているうえに、気が付かないうちに暖房や厚着などで汗もかいています。失った水分・ミネラルを補給するのに、ホットで飲む『健康ミネラルむぎ茶』がおすすめです」と教えてくれたのは、株式会社伊藤園の麦茶・紅茶ブランドグループ ブランドマネジャー・相澤治さん。カフェインゼロなので、冬のこまめな水分・ミネラル補給飲料として、冷えが気になる女性にぴったり。

※ボトルに記載されている注意事項をよく読んでから温めてください

夏の印象が強いむぎ茶だけれど、もともとは江戸時代には「麦湯」として庶民に親しまれていた温かい飲み物だそう。
「ホット専用の原料と焙煎法を採用し、ホットむぎ茶ならではの甘く香ばしい味わいに仕上げています。ボトルもレンジで加温が可能なので、キャップをはずしてレンジで手軽に温めることができます」(相澤さん)

火を使わなくても、手軽にレンチンできれば、オフィスでも時短でホットドリンクを楽しめそう。体を温めるだけでなく、ミネラルの補給もできる温かいむぎ茶で、オフィスのティータイムもポカポカに。

株式会社伊藤園 マーケティング本部 麦茶・紅茶ブランドグループ ブランドマネジャー 相澤治さん

ホットむぎ茶のボトルは、冷めても電子レンジで再加温できます(再加温は1回のみ)。夏に飲む冷たくておいしいむぎ茶だけでなく、冬の温かいむぎ茶のおいしさも知っていただけると嬉しいです。

しょうがチャージタブレッツ(オープン価格)

しょうがを手軽にチャージ!オフィスに常備したいお菓子

働く女性の多くが、毎日口にしているのが“おやつ”。そんな女性たちのために、オフィスでも気軽に食べられるしょうが入りお菓子を紹介してくれたのは、カバヤ食品株式会社のカテゴリー戦略室・河村早苗さん。

「しょうがを、より手軽に摂取していただけるお菓子がこの秋デビューしました。この『しょうがチャージタブレッツ』は、どこでも気軽につまめるタブレット状なので、オフィスが寒いときや通勤中、在宅ワークでほっとひと息つきたいときなど、場所やタイミングを選ばずにお召し上がりいただけると思います」(河村さん)

一口でつまめる小さなタブレットだが、しょうがのほか、ヒハツエキスやアムラ果実など、女性に嬉しい成分も配合し、気軽にあったかぽかぽか気分に。

ひとつずつ個包装されているので、気軽にひと粒だけ取り出すことができ、オフィスの引き出しに常備するのにも便利。オフィスで冷えが気になるときの、強い味方にして。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ