無料の会員登録をすると
お気に入りができます

猫にとって居心地のいい場所の特徴4つ

さっきまで寝ていた場所に、「気づいたらいない」ということがありますよね。猫は、居心地のいい場所を探す名人。自分が心地よいと感じる場所を求め、移動を繰り返します。猫がどのような場所を居心地が良いのかを知っていると、飼い主さんも準備しやすいですよね。今回は猫にとって居心地のいい場所の特徴をご紹介します。

ペット

1.温度が快適である

猫の祖先は砂漠で暮らしていたため、寒さは苦手。日の当たる場所で日向ぼっこをしている姿を見ることがありますよね。

寒い時期は、暖かい場所を求めて移動しながら、心地よく落ち着ける場所を探します。陽射しがない日や夜は、猫が寒いと感じる時間。毛布や温かい敷物を敷き、猫がいつでも暖を取れるようにしてあげましょう。

2.外を眺められる

猫は元々縄張り意識の高い動物。家の中で暮らすようになっても、その名残りは見られます。外を眺め、家の中に敵が侵入して来ないか、異常がないかをパトロールしているのです。

安全であると確認すると、安心できストレス解消になっているようです。猫がいつでも外を眺められるよう、家具やキャットタワーを設置するなど工夫をしてあげると良いでしょう。

3.暗くて狭い

猫は野性時代、小さな穴に住むネズミや昆虫を捕獲していました。また、暗くて狭い場所は、敵から身を守るために適しており、安心できるプライベートスペースと言えます。

待ち伏せ型のハンターである猫は、暗くて狭い場所に潜み、獲物を見つけると一気に飛びかかるといった狩りをしていたようです。人間からすると窮屈に思える場所を好むのは、野性時代の名残からなのでしょう。キャットハウスやダンボールなど、猫が安心できるスペースを用意してあげましょうね。

4.やわらかい

猫は、布団や毛布、タオルなどのフワフワとやわらかい場所が好き。やわらかい場所で気持ちよさそうにくつろいでいる姿を見ることがありますよね。

我が家の猫は、干した布団が大好きで、部屋に取り込んだ瞬間にダイブします。お日さまの匂いのするフワフワの感触が心地いいのでしょうね。1日の3分の2を寝て過ごすと言われる猫にとって、睡眠はとても大切な時間。猫が心地よく眠れるように、フワフワのやわからい場所を設置してあげましょう。

まとめ

今日のねこちゃんより:虎(トラ)♂ / 2歳 / キジトラ / 5.2kg

虎(トラ)♂ / 2歳 / キジトラ / 5.2kg
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ