無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「キッチンが狭い!」問題。解決のカギは調理前のスペース確保とキッチン家電の選び方にアリ

インテリア

ステイホームが推奨され、自宅で食事を作ることがぐんと多くなった今日この頃。キッチンに立つ時間が長くなり、食材をまとめ買いすることも多くなると、気になるのがキッチンのスペース。効率よく作業できて、快適なキッチンにするコツとは…!?

料理が楽しくないのはキッチンが狭いから!? キッチンのスペースが広がればストレスも激減!

「料理を作るのがおっくう」「なんとなくキッチンに立ちたくない」。そんなふうに思ってしまうのは、実はキッチンのスペースに問題があるのかもしれません。DELISH KITCHENのアンケートによると、自宅のキッチンサイズに満足している人は25%しかいないことがわかっています。

そして、「キッチンスペースが料理の楽しさや、やる気に影響がある」と答えた人は100%という結果に!

「キッチンが狭い!」問題は、単身赴任をする夫や一人暮らしをする子どもなどが暮らす単身住居ではさらに深刻に。95%の人が「単身住居サイズのミニキッチンは料理をするのに十分でない」と答えています。

キッチンが狭いと、材料を切るなどの下準備が大変、1つの作業しかできない、工程が少ないいつもの料理ばかり作ってしまう、食材や料理器具、盛り付けた食器を置くスペースがない…と多くの人がストレスを感じています。

逆に言えば、キッチンのスペースが確保できれば、品数が増やせる、料理の幅が広がる、時短になる、調理中のストレスが減るといったメリットにもつながると言えそうです。でも、どうやったら小さなキッチンでも調理をラクにできるの!?

調理器具や調味料の収納方法&冷蔵庫の整理で調理スペースを効率化

「調理をラクにするのに大切なのは、『調理前にスペースを効率化すること』です」と教えてくれたのは、整理収納アドバイザーの七尾亜希子さん。ポイントを詳しく教えてもらいました。

①既存作業スペースを整理

使用頻度で収納場所を分ける]

「調理器具や調味料、掃除道具などにあまり使っていないものはありませんか?使う頻度で分けて、よく使うモノは出しやすい場所に収納しましょう」

場所を取らないモノを選ぶ

「場所を取るモノは置きっぱなしにしないように。三角コーナーの代わりに畳めるゴミ袋スタンドを使うなどの工夫で省スペースになります」

②準備片付けの効率化

収納スペースを区切って使う

「賃貸住宅に多い観音型の収納は空間の使い方が難しく持て余しがち。空間を区切れるラックやスタンドなどを活用すると、スペースをムダなく使えます」

モノの定位置を決める

「カゴなどに食材、調味料、日用品などカテゴリ別にまとめると置き場所に困らなくなります」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ