無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏の終わりは美髪リカバー!夏ダメージ髪からうるツヤ秋髪へ

夏は紫外線をたっぷり浴びる機会が多く、ケアしていたはずだけど傷んでバサバサになった髪に悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?これから秋にかけて、しっとりうるツヤ髪へ変わっていきましょう♡

2017年9月
ヘアスタイル

うるツヤ髪を取り戻そう♡

「夏の日差しと紫外線で傷んでしまった髪を元通りにしたい!」この季節、そんな風に思っている女性も多いはず。そこで、疲れてしまった夏の髪に潤いを与えるヘアケアの方法をご紹介します。

1.地肌マッサージをする

抜け毛やかゆみなどの予防にもなる

髪の毛のダメージと共に、紫外線をたくさん浴びている頭皮をしっかりマッサージします。自分が気持ちいいと思うくらいの強さで揉むことによって血行がよくなり、抜け毛の予防にもつながりますよ。

頭皮ケアをするときに使うオイルは、ホホバオイルやアルガンオイルがおすすめです。クリームや乳液などにも使われ、ビタミンEがたっぷり配合されているオイルを使うことによって、潤いを保ちます。

オーガニックアルガンオイル 30mL

organic forest

¥ 4,644

ビタミンEの含有量がオリーブオイルの約3倍あるともいわれているアルガンオイルは、肌ケアと共にヘアケアにも欠かせないアイテムです。少量を手に取ってマッサージするだけでスッキリします。

商品詳細
オーガニックアルガンオイル 30mL
organic-forest.co.jp
商品詳細

2.丁寧なブラッシングを心がける

髪を撫でるように梳かすことが大切

毎日行うブラッシングですが、実はしっかりと意味があるんです。髪は毎日空気に触れているので、汚れやほこりなども付着します。撫でるようにブラッシングしてみてくださいね♡

オーガニックの椿オイルが配合されているブラシなどで毎日ブラッシングすることにより、紫外線や日差しで傷んだ髪が少しずつ落ち着いてくるんだそうです。

大島椿 公式HPはこちら

3.オイルパックをする

週に一回だけ潤いをたっぷり浸透させる

オイル系のヘアパックは、太陽の日差しや熱から髪を守ってくれるので、ヘアアイロンをする人などは特に使ってみるといいかもしれません。

洗い流さないタイプのオイルを使うことで、しっかり髪の毛の芯まで保護されます♡ただし、つけすぎはベタベタになってしまうので注意です。

tiful.jp

オイルパックは週に一度程度のケアで大丈夫!是非試してみてください。

4.蒸しタオルで髪を休ませる

よく美容室へ行ったときなど「蒸しタオル」を巻いてもらいますよね。血行促進をしたり、毛穴の中の汚れも落としやすくしたりする効果が期待できるんだとか。

蒸しタオルで頭皮を包み15分程度おくだけで、育毛の促進につながります。
頭皮が蒸しタオルで包まれると、蒸気によって温められ、血行が良くなるのです。
sd-beaute.angfa-store.jp
スカルプDボーテ

南泉タオル ミラノカラー

泉州タオル館

¥ 864

肌触りが良く、ふわっふわに軽いのにしっかりとした生地で作られているので、ヘアケアをするときにおすすめなタオルです。頭に巻くものはできるだけ軽いタオルを使いたいですよね。

商品詳細
南泉タオル ミラノカラー
www.senshu-towel.jp
商品詳細

5.しっかりと乾燥させる

キューティクルをしっかり閉じよう

ドライヤーをせずに自然乾燥させたほうが髪には良いように思いますが、実は、髪が濡れているときは、キューティクルが開いているのです。

「自然乾燥=濡れた状態」で放置しておくと、キューティクルを開きっぱなしにしているままになってしまうので、しっかりドライヤーで乾かすことが大切なんです。

ドライヤーで髪を根元や内側からしっかりと乾かすことが、ヘアスタイルを決め、長持ちさせるコツです。
www.kao.com
花王ヘアケアサイト

夏の髪から秋のうるツヤ髪へ♡

夏の日差しを浴びてちょっと傷んでしまった髪も、ほんの少しのケアで潤いのあふれた素敵な髪に戻ることができるんです♡今日からヘアケア始めてみませんか?

記事に関するお問い合わせ