無料の会員登録をすると
お気に入りができます

共働きカップルのストレスNO.1!「家事」を仲良く“シェア”するテクニック

恋愛・結婚

曖昧にできない家事問題...

上手に分担する方法を知りたい!

共働き夫婦や、同棲カップルの悩みとして最も多いのが「家事分担」。一方に負担が大きくなったり、家事が苦手で手間取ったりと、何かとストレスがたまる問題です。

家事分担でケンカが絶えない!なんていうカップルもいるのではないでしょうか。そこで、仲良く家事分担するコツを学んでいきましょう♡

家事分担のルール

家事一覧を作って“見える化”する

家事と言っても、大きなことから小さなことまでたくさんありますよね。それを全て書き出しましょう!コツは細分化することです。

・「洗濯」なら、“服を洗濯機に入れる”、“干す”、“たたむ”、“片付ける”
・「料理」なら、“献立作り”、“食料の買い出し”、“料理の下準備”、“調理”、“片付け”

…というように、家事を全部書き出して見える化することでわかりやすくなります。作成した一覧表を見ながら、どちらが担当するのか考えていきましょう。

家事にかかる“所要時間”で割合を考える

見える化した一覧表に、それぞれの家事にかかる所要時間も記入しておきましょう。家事をするために必要なのは時間。家にいる時間が長い方が、一覧表の中でも負担の大きい家事を担当した方がスムーズに進みます。

また、1日の中で自由になる時間を家事に当てはめれば効率もアップします。ただし、時間の配分には余裕を持たせることが大切です。

予定を詰めすぎると家事が終わらなくなってしまいます。平日に時間がない場合は休日にまとめてやるなど、スケジュールに合わせて臨機応変に行っていきましょう。

“得意なこと”、“苦手なこと”で振り分ける

人それぞれ得意な家事、苦手な家事がありますよね。そこで、それぞれが得意な家事を振り分けて担当を決めるのもポイントです。

記事に関するお問い合わせ