無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「先回りママ」から卒業!「待ち上手」なママになるための5つの心得

子育て
www.gettyimages.com

「子どもに失敗させたくない」「自分がやってあげたほうがラク」などの気持ちから、つい、子どもへの関わりが“先回り”になっていませんか? そのときは時間がかかるけれど、子育てには「待つ」ことが大切と言われています。“待ち上手”になるにはどうしたらよいのか、子育てアドバイザーの長島ともこさんに紹介してもらいました。

長島ともこ
フリーエディター、ライター。育児、妊娠&出産、教育分野を中心に書籍、雑誌、WEBの編集、執筆に携わる。著書に『PTA広報誌づくりがウソのように楽しくラクになる本』、『卒対を楽しくラクに乗り切る本』がある。認定子育てアドバイザー、All About「子育て・PTA情報」ガイド。2児の母。長島ともこホームページ

長島ともこホームページ

先回り育児は将来をダメにする?子どもを伸ばす見守り方

「先回りママ」がついやってしまいがちなNG行動はコレ!

「自分で考え、自分で行動できる子になってほしい」。多くの親は、わが子に対してこのような思いを抱いていることでしょう。

しかし、わが子を大切に思うあまり、つい先回りして言葉をかけたり、なんでもやってあげたりしていませんか? 以下「先回りママ」がついやってしまいがちな行動を紹介します。

・「早く!」と子どもをせかし、子どもがやるべきことを親が全部やってしまう
園に行くときや家族でお出かけするときなど、子どもの支度が遅いと「早く早く!」とせかし、準備を親がしてしまう。子ども自身が「早く支度しよう」と思っているそばから親にせかされても、子どもの心には響かないことが多いようです。

・問題の解決法をすぐに教えてしまう
子どもがパズルで最後の数ピースを埋められずに困っているとき、「こことここよ」などとすぐに教える、砂場で砂山がうまく作れずにいるときに、「こうすればいいのよ」と手出しするなど…。問題の解決法をすぐに教えてしまうと、子どもは「ママがやって〜」と、なんでも頼るようになってしまいます。

・子どもの「意見」を聞かず、指示出しが多い
「今日は寒いから、〇〇と△△を着ていきなさい」「あなたは運動神経があまりよくないようだから、園の体操クラブに入って体を動かしなさい」など、親が指示を与えてばかりの状態は、“先回りママ”の典型的パターンです。

・子どものお友達関係に口を出す
「同じクラスのA君は、お友達に手が出ることがよくある」といった噂をうのみにし、「A君と遊んじゃだめよ」などと、くぎをさしたりするのもNG。子どもの主体性をうばってしまうことにつながりかねません。

「待ち上手」なママになるための5つの心得

子育てにおいて、子どもの行動が危険につながる場合は素早い対処が必要ですが、そうでない場合は、「待つ」ことが大切です。

子どもは子どもなりに、常にいろいろなことを考えています。親からみたら無意味に思えたり、「なんでもっと早くできないのかしら」とイライラしてしまったりするような行動にも、何かしら理由があるものです。

その理由が、「今はやる気になれないから」「見たいテレビがあるから」など未熟な内容だとしても、親が待つことで、子ども自身が「自分で考える経験」を重ねることができ、主体性や、自分で考える力が育まれていきます。

「待ち上手」なママになるための5つの心得を紹介します。

1 子どもが「選ぶ」機会を意識してつくる

「今日は何を着ていく?」「夜ごはん、何が食べたい?」「どの絵本を読んでほしい?」など、ささいなことでも子どもに選ばせる機会を意識してつくりましょう。子どもが迷っていたら、
「じゃあ、○○と××、どっちにする?」など、二者択一でもOK。「自分で選ぶ」体験を積み重ねることで、考える力を養うことができます。

2 子どもの気持ちを尊重する

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ