無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬を飼った人にしかわからない『苦労すること』6選

犬を飼う前にさまざまな情報を調べるなど、しっかり迎える準備をしていても、いざ犬を飼ってみると、「こんな大変なことがあるんだ!」と思うことは必ずあります。今回は、犬を飼った人にしかわからない『苦労すること』をいくつかお話しします。

ペット

犬を飼った人にしかわからない苦労することとは?

犬を飼う前、いろいろな苦労や大変なことがあるとわかっていて迎える決心をする飼い主さんは多いです。しかし、いざ犬を迎えてみると、「こんな苦労があるの?」と思うことや、想像よりも大変といった苦労が出てきます。

1.気軽に宿泊ありの旅行ができない

犬を飼うということは、家族を1匹迎え入れるということです。そのため、宿泊を伴った外出は基本的にできなくなります。

今までは家族や友だちと気軽に行っていた国内旅行も、宿泊を伴うのでペットホテルを探したり、預かってくれる人を探さなければ行くことはできません。もしも良い預け先が見つからなければ、諦めるしかないのです。

最近では、犬も一緒に泊まることができるホテルも多くオープンしているので、愛犬を一緒に連れていくことを検討する人もいます。

2.犬種によっては抜け毛がすごい

犬や猫は毛が抜けるという話は、飼う前に知っている人が多いです。しかし、いざ迎えてみると、犬種によっては想像以上に抜け毛がすごく、「掃除が大変…」と感じる人も多いです。

「さっき掃除したのに、もう抜け毛が落ちている」ということや、「少しでも掃除をさぼると、至る所に抜け毛が…」という状態になってしまうため、掃除は欠かせません。

3.基本的に天気に関係なく散歩が必須

犬を迎える前に覚悟していたことではありますが、雨の日も、風が強い日でも関係なく散歩に連れて行かなければいけないことは、想像以上に大変です。

また、仕事をしている人は、帰ってきてから散歩に行かなければいけないので、こちらも思っていたよりも大変と感じる人は多いです。

初めはよく見かける犬の散歩のように、しっかり飼い主の後を付いてきてくれるわけではありません。引っ張ってしまったり、他の犬に吠えてしまったりと、散歩に関するしつけも行わなければいけません。

4.想像していた以上にお金がかかる

犬を飼うとお金がかかるという話は、ネットなどでもよく見かけるため、飼う前から知っている人も多いです。しかし、いざ飼ってみると、思っていたよりも多くの出費が重なるように感じます。

予防接種や定期健診以外にも、少しでも異変を感じたら病院へ連れて行く必要があるため、そのたびにお金がかかります。さらに、アレルギーなどを持っている場合は、ドッグフードやシャンプーにも気を遣う必要があるので、日常的に高い出費が重なることになります。

また、季節によって防寒具や暖房器具、またはひんやりとしたベッドなど、愛犬が快適に過ごすための道具を購入することも多いので、継続的に想像以上の出費があることも珍しくありません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ