無料の会員登録をすると
お気に入りができます

掃除嫌いな人ほど必見♡「カビが生えないバスルーム」の作り方

寒い季節の水仕事はツラい、面倒くさい…! 苦手なお風呂掃除の頻度を減らす、「カビが生えないバスルーム」の作り方をご紹介します。ズボラだから、掃除嫌いだからこそ試したい予防策は必見♡

2017年10月
インテリア

2、入浴後は必ず換気を

湿気を残しておくとカビの繁殖を助けてしまいます。入浴後は素早い換気を心がけましょう。窓の無い浴室は、換気扇を回し浴槽のお湯を抜く。浴室暖房乾燥機があるお宅は入浴後2時間程度は乾燥運転を行います。

浴室の湿気対策の第一歩は、入浴後にすばやく湿気を追放すること。しかし窓のない浴室などは、換気だけではなかなか湿気が抜けません。その時は浴槽のお湯を抜くか、しっかりフタをして乾燥運転をしましょう。
home.tokyo-gas.co.jp

3、浴室に水気を残さない収納術

先日載せたニトリのボトルにラベルを貼ってこんな感じに仕上がりました!マークスアンドウェブのボトルもおしゃれで好きだったけど、これはこれでホワイトで統一されて満足です🙈♡*。 このボトル、他に使っている方からも高評価です!シャンプーの出る量もちょうどいいし、ポンプも押しやすいですよ💕
.
.
#浴室 #お風呂 #バスルーム #収納 #整理整頓 #片付け #掃除 #吊るす収納 #整理収納 #無印良品 #muji #無印 #シャンプーボトル #詰め替えボトル #marksandweb #暮らし #賃貸暮らし #賃貸インテリア #シンプルな暮らし #丁寧な暮らし  #二人暮らし #住まい #1LDK
instagram.com

浴室に水分が残っていると、たちまち湿気の原因に。とはいえ入浴後に毎回拭き取ることはできないので、シャンプーボトルの底やスポンジなど、水分が残りやすい雑貨は吊り下げ、水はけの良い収納を心がけて。

これでもうカビ知らず♡

ご紹介した予防策は、どれも身近にあるもので簡単に試せることばかりで、習慣にしてみるとカビを気にせず生活できますよ! 掃除が嫌いな人こそ、ぜひ実践してみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ