無料の会員登録をすると
お気に入りができます

英語だけじゃない!一度聞いたらやみつき海外ソング7選

洋楽=英語の歌と決めつけていませんか? 日本では有名でなくても、ヒットしている外国語ソングはたくさんあります。言葉の勉強にもなって一石二鳥。2017年のヒット曲を中心に、英語圏以外で人気の歌をご紹介します。

2017年9月
ライフスタイル

世界をちょっと覗いてみよう

グローバルな世の中になったとはいえ、まだまだ世界は広い! 日本では有名でなくても、南米やヨーロッパでは当たり前のように知られているヒットソングも山のようにあります。

今回は英語以外の言語で歌われているヒットソングをご紹介します。2017年に人気になったナンバーを中心にお届けします♡

1.『DESPACITO』

38億回超え!You Tubeで一番再生されている曲

Media?size=l
instagram.com

2017年1月にリリースされた『DESPACITO』は、YouTubeで世界一再生されている曲。なんとその数38億〜!UPされて1年たっていないのにこれだけの再生回数は類を見ないそう。記録が更新され続けています。

instagram.com

この曲を歌っているのは、ラテン界のスターと言われるプエルトリコ出身のルイス・フォンシ(Luis Fonsi)。歌詞はスペイン語です。スペイン語圏だけでなく、イタリアやポルトガルなどでも注目され、各国音楽チャートを総なめしました。

人気に火がついたのは、SNS発信から

ルイスの曲が注目されたのは、リオネル・メッシやダニエウ・アウベス、クリスチャン・デ・ラ・フエンテらがSNSで独自のアレンジを披露したことがきっかけだそう。

レゲトンブームを巻き起こしたダディー・ヤンキーとのコラボや、MVに元ミス・ユニバースのスレイカ・リベラが出演しているのもヒットにつながりました。「ゆっくり」という意味のタイトル通り、人々にじわじわ愛される名曲ですね。

ルイス・フォンシ公式Instagram

2.『Mayores』

スペイン語圏で大人気の女性ラッパー

Media?size=l
instagram.com

今ラテンチャートを賑わせているのは、ベッキーG(Becky G)が歌う『Mayores』。年上の男性への愛を綴る官能的な歌詞が大人気で、MVで魅せる彼女の妖艶さも話題となっています。

instagram.com

美しい外見と優れた歌唱力、楽曲の良さからスペイン語圏で大人気のベッキー。この見た目で20歳だというのだから驚きです。

オースティン・マホーンの元カノだった

ベッキーの私生活で有名なのは、元カレのこと。ブルゾンちえみさんのテーマ曲を歌うオースティン・マホーンと以前お付き合いしていました。意外なところで繋がっていましたね。

ベッキーの人気曲『Shower』もぜひ一緒に聴いてみて♡女の子が歌うかわいいラップテイストの曲に仕上がっています。こちらは英語の歌詞です。

ベッキーG公式Instagram

3.『Bailarina』

スペインで人気のグループ

Media?size=l
instagram.com

マルディータ・ネレア(Maldita Nerea)はスペインで人気のグループ。2003年にスペインの街ムルシアで結成され、2010年にスペインの音楽賞を受賞。以降安定した人気を誇っています。

instagram.com

ラテンチャートで上位に来ているのは『Bailarina』という曲。ラテンミュージックというよりは、アメリカンポップスに近い仕上がり。はじめてのスペイン語曲でも聴きやすいテイストです。

Bailarinaはバレリーナ(踊り子・ダンス)のこと

この曲のタイトルの読み方はバイラリーナ。意味はバレリーナや踊り子で、MVでは多くの人が楽しそうに踊る様子が映し出されています。

スペイン語ときくと、とっつきにくいイメージがありますが、そのままローマ字読みできる部分も多く、日本人には発音し易い言語です。彼らの曲でスペイン語学習をしてみても良さそうですね。

マルディータ・ネレア公式Instagram

4.『Jeune』

きれいな高音が癖になる歌姫

Media?size=l
instagram.com

フランス語の歌はフランス国内でしか聞くことができないと思ったら大間違い! フランス語は世界で1億2,000万人を超える人が母語として使用しており、欧米では英語に次ぐ第二外国語として学ばれる率の高い言語です。

Media?size=l
instagram.com

フランス語で歌うアーティストは、国外でも活躍の場を見いだせます。ルアンヌ・エメラ(Louane Emera)もその一人。高音がとても美しく、おしゃれな雰囲気を持つ女性です。

フレンチ・ポップスはとってもおしゃれ

ルアンヌは2014年に出演した映画『エール!』で一躍有名に。彼女の歌唱力が人々の心を掴んだのでした。セザール賞やリュミエール賞を獲得するなど、女優としての道も開け、これから世界へ羽ばたこうとしています。

注目すべきは彼女の抜けるような高音。フランス語の柔らかい発音と重なり、夢の中にいるような気持ちになります。リラックスしたい時に聴きたい曲です。

ルアンヌ・エメラ公式Instagram

5.『Parler à mon père』

Media?size=l
instagram.com

カナダではフランス語と英語が公用語。そのため、二ヶ国語話せる人も普通にいます。カナダ出身のセリーヌ・ディオンもそのうちの1人で、彼女はフランス語と英語を日常会話に使っています。

彼女が歌う『Parler à mon père』は、フランスっぽい物悲しさが漂う曲。フランス映画は郷愁と哀愁、悲しみを綴ったものが多いですが、歌も同じですね。

英語圏とフランス語圏で人気の高いアーティスト

セリーヌはInstagramを上手に活用しているアーティスト。ライブの映像や生歌もUPされているので要チェックです♡最近では『美女と野獣』の挿入歌動画を歌っていました。英語の響きに注目してみましょう。

instagram.com

なお、フランス語の歌『Encore un soir 』や『 L'étoile』などはとても耳ざわりの良い曲です。機会があればこれらもぜひ聴いてみてください。

セリーヌ・ディオン公式Instagram

6.『 "TT"』

日本人もメンバーに!韓国ガールズグループ

Media?size=l
instagram.com

日本を飛び出して海外で活躍する日本人にも目を向けてみましょう。韓国ガールズグループ・トゥワイス(TWICE)は、韓国・日本・台湾三カ国の女の子が在籍しています。

instagram.com

日本人はモモ・サナ・ミナの3人が参加中。韓国語での歌にも挑戦し頑張っていますよ。彼女たちの活躍ぶりは時々日本でも報道されています。

TTポーズが大人気

トゥワイスの人気曲は『"TT"』。TTポーズはSNSでの写真ポーズとしても話題になりました。彼女たちのMVから火がついたのですよ。

韓国語もスペイン語と一緒で日本人には発音しやすい言語です。サナさんが歌うナナナナ〜(1:14秒〜)をよく聴いてみて! その後モモさんも韓国語で歌っています♡

TWICE公式Instagram

7.『GENTLEMAN』

再生回数はそろそろ30億に!アジアンアーティストPSY

Media?size=l
instagram.com

YouTubeの音楽再生回数は1億を超えれば御の字。しかもその数に達するまで何年もかかるのがほとんどです。そんな中、アジア勢でミリオン連発のアーティストが存在します。PSY(サイ)です。

instagram.com

PSYは『江南スタイル』で有名になった韓国人アーティスト。この曲はもうすぐ再生回数が30億に到達する勢い。世界でも指折りの人気曲となりました。

再生回数11億超えの作品もおもしろい

彼はその後もHITを連発。『GENTLEMAN』はYouTube再生回数11億超えで、その他の曲も億超えしています!

アメリカの音楽大学で学んだ経験が彼のMVに活かされています。英語でのインタビューにもスラスラ答え、見せ場もよくわかっています。日本ではあまり注目されないアーティストですが、学ぶべきところはたくさんあるかも?

PSY公式Instagram

外国語の勉強がしたくなる

「英語が苦手だから語学なんて...」という方でも、言語が変わると平気になる場合もあります。

歌は外国語勉強のきっかけになるツール。食わず嫌いせず試しに聴いてみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ