無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう無駄にしない!まとめ買いの野菜を使い切る保存テク

節約や健康のために週末に食材をまとめ買いして、自炊をしている方は多いですが、作り置きをして食材を無駄なく使い切るのは正直大変ですよね。特に日持ちのしない野菜は難しいです。そこで、まとめ買いした野菜を上手に使い切る保存テクをご紹介します。

2017年9月
レシピ

さらに長持ちさせたい場合にはどのような方法があるのでしょうか?

葉物野菜

macaro-ni.jp

葉物野菜を丸ごと一玉購入すると、使い切るまでに時間がかかりますよね。野菜は基本的に、畑にいたときと同じ状態で保存します。新聞紙に包み、立てて冷蔵庫に置くことで、白菜なども3〜4週間ほど日持ちします。

詳しい方法はこちら

もやし

macaro-ni.jp

安くてまとめ買いしたくなるもやしですが、傷みやすいのが難点ですよね。もやしは、袋から出して水に漬けて保存すれば長持ちしますよ。空気に触れないようにし、水替えするのだけは忘れずに。

詳しい方法はこちら

大葉

macaro-ni.jp

乾燥に弱く傷みやすい大葉は、使用法によって保存法も変えましょう。乾燥を防ぎ、低い温度の場所で保存することが大切です。アルミホイルを活用するなど、大葉に適した保存方法があります。

詳しい方法はこちら

すぐに使わない野菜は冷凍保存が◎!

すぐに使う予定のない野菜は、冷凍保存することをオススメします。すぐに調理できるように、使いやすい形にカットしてから冷凍するようにします。

ブロッコリー

recipe.rakuten.co.jp

すぐ変色してしまうブロッコリーはオリーブオイルをかけてから加熱することで、解凍しても綺麗な色合いが保てます。また冷凍保存する時は茎と茎を合わせるように袋にいれると、解凍時にはがれやすくなりますよ。

記事に関するお問い合わせ