無料の会員登録をすると
お気に入りができます

片付かない家には絶対ある!整理収納アドバイザーが「現場で必ず捨てるモノ」6選!

インテリア

こんにちは。
人生を変えるお片付けアドバイザーでサンキュ!STYLEライター上野景子です。
お片づけに風水をちょっとプラスして運気をアップする「お片づけ風水」を発信しています。

これまで整理収納アドバイザーとして、たくさんのお宅の片づけに携わって来ました。その現場で実際に見た、お客さんが必ず捨てるモノを6つ紹介します。

ぜひご自宅でもチェックしてみてください。

1 サイズが微妙なタッパー

色んなサイズがあるので、つい揃えてしまいたくなるのがタッパー。ただ、よく使っているものは大体決まっています。その方にとって使いやすいサイズがあるんですよね。

すべて出して分類してみると、実は使いやすいサイズが足りなかったり...。きっと使いやすいサイズを求め続けた結果、増えてしまったのだと思います。

タッパーはかなり厳選できるはずです。

2 試供品や粗品

ラップ、スポンジ、キッチンペーパー、タオル、チャック付き袋、ビニール手袋など、なぜか試供品や粗品を大切に(?)保管しているお宅は多いです。使おうと思えばいつでも使えるモノばかりです。

試供品の役割は「試す」こと。試してみて良かったら次に買う時の参考にすればよいので、貰ったらなるべく早く使ってください。粗品も有難く早めに使うことをオススメします。

もちろん使う目的があれば、汚れないところに収納して忘れないように管理してください。

3 袋を留めるビニールタイ

食品の袋などを留めるビニールタイです。こちらは実際に私が見た一番溜めていたお宅です。最近は専用クリップなどを使う方も多いと思いますが、使うにしても数個で十分だと思います。

いつもどおり「当たり前に」溜めてしまう方も多いです。ぜひ、当たり前を疑ってみてください。

ビニールタイ以外にも、パンのクリップや輪ゴムなども同様にチェックしてみてください。

古いのを捨てて新しいモノを保管するなど、交換することもお忘れなく!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ