無料の会員登録をすると
お気に入りができます

セブンイレブンの新作サンドイッチ 具材は「ハリボテ」なのか検証したら…

「ハリボテ」騒動で話題になったセブン-イレブンのサンドイッチ。新作を確認すると…

グルメ

コンビニチェーンのセブン-イレブン(以下、セブン)は11月11日から、サンドイッチの『たっぷりトマトの彩り野菜サンド』『たんぱく質が摂れるサラダチキン&野菜』(いずれも税込345円)を販売開始。

セブン-イレブン

パンの端まで具がない、中身が少量ということから、SNS上で「ハリボテ」と話題になっていたセブンのサンドイッチだが、はたして中身はどうなっているのだろうか。

■野菜がぎっしり!

まずは『たっぷりトマトの彩り野菜サンド』から。トマト、レタス、玉ねぎの野菜、ハムに半熟ゆで玉子が入ったサンドイッチ。トマト、ケチャップ、にんじん、かぼちゃピューレが入ったサウザンソースで味付けされている。カロリーは187kcal。

断面を見るとこのような感じ。それぞれの具材がぎっしり詰まっており、かなりのボリュームだ。肉厚なトマト、シャキシャキとしたレタスの食感が楽しく、シンプルなサンドイッチながら「ウマい!」の一言。「ハリボテ」と物議を醸したセブンだが、味自体はかなり評価されているため、納得のクオリティだ。

だが、問題は「はたしてハリボテなのか」ということ。半分に割ってみると…

関連記事:セブンイレブン「ハリボテサンドイッチ」選手権 もっとも底上げ感があったのは…

セブンイレブン「ハリボテサンドイッチ」選手権 もっとも底上げ感があったのは…

■十分なボリュームを確認

右側のスライストマトは大きなモノが1つ、端部分に1つ。後方部分は空いているものの、これは「十分に詰まっている」といっていいのではないだろうか。

また、左側のレタスも面積は十分で、2枚重なっている箇所もあるためほどよい量。野菜を推しているサンドイッチだけあって、このバランスは「さすが」というべきか。

■ハムの量も申し分なし

また、ハムもパンいっぱいに敷き詰められている。ハムの下にはタマゴが3つ敷かれており、ちょうどサウザンソースの箇所だけ空いていた。

「たっぷりトマトと野菜」という商品名ということから、小さいトマトがパンの後方部分にあと1つあれば…と思わなくもないが、全体的には文句なしのボリュームだ。

関連記事:ファミマのサンドイッチは中身までスゴかった もはや“軽食”ではなく…

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ