無料の会員登録をすると
お気に入りができます

気軽に気分を変えたい人に♡たった1分でできるの?って驚くヘアアレンジ6選

海外の人たちは、とにかくお洒落なヘアアレンジが得意!しかも手軽に短時間で終わらせてしまうのだそうです。 彼女たちをお手本に、約1分でできるアレンジをいくつかマスターしておきませんか?

2017年10月
ヘアスタイル

もっと素早くヘアアレンジをしたい!

もっとお洒落で凝ったヘアアレンジを楽しみたくても、実際は髪の毛にそこまで時間をかけられませんよね。それはどこの国の女性も同じ。外国でも、時短ヘアアレンジは大人気なんです。

そこで今回は、海外女子の1分ヘアアレンジをご紹介します。ストレートと巻き髪、どちらでもOKですよ♡早速詳しいやり方をチェックしてみましょう。

①アレンジポニーテール

定番アレンジにひと工夫!

時短アレンジの代表と言えば、ただ結ぶだけのポニーテールですよね。飽きないように、ほんの少しの時間を使ってひと工夫加えてみませんか?

ベーシックなポニーテールを作ります。左右から毛束を少し取り、紐のように結びましょう。裏側で交差させてから毛束を足し、もう一度結びます。これをお好きな位置まで繰り返し、ゴムで留めればできあがりです。

②コームを使った夜会巻き

先にポニーテールにすれば崩れにくい!

#hair #hairbymel #beautiful link in description. #bride #dancer #flightattendant #frenchroll #easy #updo #T365edge
instagram.com

これから仕事に集中したい!というときに役立つのが、ビシッとまとめた夜会巻き。プラスチック製コームを使えばカジュアルに仕上がりますが、キラキラの飾りが付いたものならパーティーでもOKですよ。

全体をポニーテールにし、ゴムをゆるめます。この隙間に髪を押し込み、コームを挿し込んでくださいね。毛先が飛び出してしまった場合は、ピンで留めておきましょう。

③フィッシュテール風アレンジ

くるりんぱを繰り返せばOK!

Faux fishtail faux sho #dorkalert 😳 • new tutorial on my #youtube!
instagram.com

フィッシュテール編みを1分で完成させるのは無理そうですが、こちらのくるりんぱを使ったアレンジならグッと時短になります。編み目を引っ張っても短い毛が飛び出してこないので、簡単にボリュームを出せますよ。

0:10からのように髪全体をサイドに集めて、真ん中の毛束の上で前後の髪をゴムで留めます。これをくるりんぱにし、ゴムの上で再び前後の髪を結んでくるりんぱにしましょう。

お好きな場所まで繰り返したら、編み目を引っ張ってゆるみを持たせてくださいね。こうすると、ふんわりしたフィッシュテール風になります。

④ねじりハーフアップ

ただねじるだけでお洒落な後ろ姿に

ただ結ぶだけのアレンジと同じぐらい簡単なのが、軽くねじったハーフアップ。最後はゴムで留めるので、ピンを使うのが苦手な方でも大丈夫ですよ。詳しいやり方は、1:05からチェックできます。

前髪を残して両サイドの髪を少し取り、後ろで2つに合わせて数回ねじります。この毛束に両サイドからさらに髪を足し、再びねじりましょう。これをもう1回繰り返し、ゴムで留めれば完成です。

⑤ノットヘアー

いつもと違うシルエットがお洒落♡

babesinhairland.com

後ろ姿までお洒落に見せたいときは、ノットヘアーにしてみてはいかがでしょう?一見難しそうですが、実は紐のように結んだだけ。人とかぶらない、個性的なシルエットが素敵なんです。

0:10からのように両サイドの髪を集めたら、輪を作ってそこに毛束を通します。このとき毛先まで通さないのがポイント。手で押さえたままピンで固定し、毛先はそのまま残しておきましょう。

⑥ロープ編みでまとめ髪

三つ編みより簡単!

Today #hair #cinthiatruong
instagram.com

慣れれば三つ編みよりもずっと早くできるのが、ねじって作るロープ編み。さらにピンで固定すれば、ニュアンスのあるアップヘアになりますよ。

0:08~ 前髪から後ろに向かってねじりましょう

前髪を9:1分けにし、少しずつ髪を足しながらねじっていきます。反対側の耳近くまで来たら、ピンで固定しましょう。

0:44~ ロープ編みにしてからピンで留めれば完成!

全体をロープ編みにし、ゴムで留めます。ここまでで完成でもOKですが、まとめ髪にしたい場合は毛先が隠れるようにピンを使って後頭部に留めてくださいね。

時間がなくてもお洒落なヘアに!

時間がないとダウンスタイルやただ結ぶぐらいしか無理だと思ってしまいますが、60秒あれば意外と色々なアレンジを楽しむことができますよ。朝バタバタしないように、暇なときに練習してみてはいかがでしょう?

Photo by Pete Bellis / Unsplash
記事に関するお問い合わせ