無料の会員登録をすると
お気に入りができます

優柔不断な自分にサヨナラ!人生がうまくいく「決断する」テクニック

アラサーになると“決断”を迫られる場面が増えます。時には熟考した方が良いこともありますが、優柔不断に考えすぎてしまっては決断が下せません。そこで即決できる「決断力」の身に付け方を学んでいきましょう。

2017年10月
ライフスタイル

いざというとき"決断"できてる?

優柔不断なのはもう嫌なんです…!

アラサー世代ともなると、仕事でもプライベートでも決断を迫られる機会が増えるもの。じっくり考えることも大事ですが、ここぞ!という時には即断も必要です。

Photo by Andrew Neel / Unsplash

そして大事なときに即決できる人の方が、時間を無駄にせず、人生もうまく運んでいくようです。もう優柔不断な自分とはサヨナラしたいという方は、決断力の身につけ方を学んでいきましょう。

決断するときのコツ

①小さな決断は〇秒以内!

決断力がない人は決断することに慣れていません。そこで普段から、積極的に決断する練習をしておきましょう。日常の中でも決断することはたくさんあります。デートで着る服、見る映画、お店に入ったときのメニューなど。

そして制限時間を設けるのです。元テニスプレイヤーの松岡修造さんは、「レストランに入ったらメニューを5秒で決める」という鍛え方を行っていたのだとか。日常で即決する力が身についていきますよ。

②パターンやルールを決めておく

重要なことを決断するための知力や体力を残しておくために、日々の細々とした決断をあえて避けるという人もいます。あらかじめパターンやルールを定めて、すでに決断しておくという方法です。

例えば1週間に着る服をパターン化しておく(月水はパンツ、火木はスカート、金はワンピース)。レストランに入ったら店員さんに聞いたおすすめのメニューを必ず食べる。などなど。

Photo by Caleb George / Unsplash

朝起きて顔を洗い、朝食を食べて身支度をする…毎日行うことでも、決めていなかったらそれも決断の連続ですよね。このようなルーティーンのように、1日の小さな決断も全て決めておくとラクなのです。

③最初のインスピレーションを信じる

即決するには最初に「いい!」など、ビビッときたインスピレーションを信じることが大切です。ほかにも選択肢があったり、別のことを考え出すからどんどん決断できなくなってしまいます。

Photo by Natalia Figueredo / Unsplash

大体のことは、直感を信じた方がうまくいくもの。決断を下したら後戻りせず、最初のインスピレーションを信じましょう。

記事に関するお問い合わせ