無料の会員登録をすると
お気に入りができます

日本初上陸の作品や限定グッズも登場!六本木の「ミッキーマウス展 THE TRUE ORIGINAL & BEYOND」

旅行・おでかけ

六本木の森アーツセンターギャラリーでは、2021年1月11日(月・祝)まで「ミッキーマウス展 THE TRUE ORIGINAL & BEYOND」を開催。ミッキーマウスのスクリーンデビュー作をはじめ、日本初上陸のものを含め国内外のアーティストが手がけた作品などを展示する。開催中は、ここでしか買えない限定グッズも販売されるので、ファンは要チェック!

『ファンタジア』(C)Disney

スクリーンデビュー90周年記念のNY展覧会出品作を中心に

今回の展覧会は、ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念して2018年から2019年にニューヨークで開催され、好評を博した「MICKEY: THE TRUE ORIGINAL」の作品を中心としたもの。

会場は「原点=THE ORIGIN」、「現代=THE TRUE ORIGINAL」、「未来=& BEYOND」の3つのゾーンで構成。「原点=THE ORIGIN」では、ミッキーマウスのスクリーンデビュー作となった1928年制作の『蒸気船ウィリー』と、1940年制作の不朽の名作『ファンタジア』という初期の重要作品にスポットを当てる。

『蒸気船ウィリー』は、音楽とアニメーションの動きが一緒になった世界初の短編トーキー・アニメーション。これまでのディズニーのクリエーションの原点であるこの作品を、追体験するような展⽰の演出は見どころのひとつ。私たちの大好きなディズニーの世界観がここから始まったと思うと、ちょっと感動モノかも。

左/DRx"3000% Mickey BE@RBRICK"(C)Disney、右/Javier Sanchez Medina "Studio for Mickey’s hands" (C)Disney

現代アーティストの遊び心あふれる現代と未来のミッキーマウス

「現代=THE TRUE ORIGINAL」では、ニューヨークの展覧会を彩った選りすぐりの作品群が、日本に初上陸。20名以上の現代アーティストが制作したインスタレーションが、一堂に集結する。

なかでも、『蒸気船ウィリー』をもとにさまざまなクリエイターが制作した作品を再編集した映像作品は、必見。世界のアートやポップカルチャーに影響を与え続けたミッキーマウスだけに、遊び心があふれている。

また、「未来=& BEYOND」は、日本展のオリジナル企画。いろいろな分野の第⼀線で活躍する5人の若手日本人アーティストを招いて、ミッキーマウスの「これから」、つまり“誰も見たことがない”未来の作品を展示。

ディズニーの原点となった作品とともに、現代アーティストが作り出す新しいミッキーマウス像を楽しんで。

『蒸気船ウィリー』グッズ(一部): 『蒸気船ウィリー』の様々なシーンを切り取ったグッズ

会場内の公式ショップには限定のオリジナルグッズがずらり

開催期間、会場内には「ミッキーマウス展公式ショップ」がオープン。今回の展覧会でしか手に入らないオリジナルの商品約200点を含む、400点以上のグッズが並ぶ。展覧会で先行発売されるものや、店頭予約商品なども特別に販売中(オリジナル商品の一部は、ディズニー公式オンラインストアでも購入可能)。

オリジナルグッズは、『蒸気船ウィリー』や『ファンタジア』といった作品、ニューヨーク展からやってくる選りすぐりのアーティストの作品、日本展オリジナルの日本人アーティストの作品、そして展覧会のキービジュアルなどが、それぞれモチーフとなっている。

作品をもとに作られた文具やバッグなどのアイテムは、どれもミッキーマウスの世界観を表現しているのが楽しい。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ