無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ユニクロ『+J』が本日発売 都内では300人以上が大行列する店舗も

11月13日からユニクロで販売される「+J」秋冬コレクション。店舗にはすでに多くの人が殺到していた。

ファッション

ユニクロは11月13日から、デザイナーのジル・サンダーとのコラボ『+J』の2020年秋冬コレクションを発売。店舗、オンラインストアともに混雑する状況となっている。

■開店前で午後入店の整理券

ドイツ発のハイブランドで、通常の商品はアウターなら20〜60万円、セーターでも10万円以上はするジル・サンダー。さらに約9年ぶりの新作ということもあり、発売前から大きな話題になっていた今回の新作コレクション。

新作コレクション

午前10時の開店前にも関わらず、都内の店舗にはすでに多くの人たちが駆けつけている状態だ。

新宿は10時開店の店舗が2店ある激戦区で、店によって対策が異なる。高島屋店は整理券方式。

1回30名入店で、高島屋の開店前から整理券配布コーナーを設置しており、そこでの行列も全くない状態。現地に向かった記者によれば、午前9時15分に到着したが、すでに午後1時30分入店の整理券だったという。

関連記事:ユニクロ『鬼滅の刃』コラボが人気爆発 Tシャツ以外もスゴかった…

ユニクロ『鬼滅の刃』コラボが人気爆発 Tシャツ以外もスゴかった…

■大行列の店舗も

また、ビックロは一時300名以上の大行列に。そのため、10時の開店を待たず、客入れして、9時過ぎから販売を開始している。9時20分段階の行列最後尾で、店員によれば「3時間待ちは覚悟したほうがいい」とのこと。

■「都内穴場店」はメンズ整理券の本日分が終了

都内穴場店ともいわれている五反田TOC店は、9時40分時点で本日のメンズの整理券が終了。女性の入店枠はまだ残っているようだ。多くの人たちが期待している今回の「+J」。SNS上でも「行列がスゴい」「本当に買えるのだろうか…」といった不安の声があがっている。

関連記事:ユニクロ、エアリズムマスクに待望の黒色が追加 「待ってて良かった!」

ユニクロ、エアリズムマスクに待望の黒色が追加 「待ってて良かった!」
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ