無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お金をかけない秋の部屋づくりに。落ち葉を使ったDIY5選

綺麗な色の落ち葉を見つけたら、簡単なDIYでインテリアグッズにしてみませんか?お金をかけずに、秋らしい部屋作りを楽しめますよ。

2017年10月
DIY

落ち葉で何か作りたい♡

綺麗な色の落ち葉を見ていると、それだけで秋を感じられて幸せな気持ちになりますよね。簡単なDIYでインテリアグッズにアレンジして、外だけでなく部屋の中でも紅葉の季節を満喫してみませんか?

①キャンドルホルダー

メイソンジャーに貼るだけ♡

まず最初に、メイソンジャーと落ち葉でキャンドルホルダーを作る方法をご紹介します。ただ葉を貼りつけるだけではすぐにボロボロになってしまいますが、コーティングすれば綺麗な状態をキープできますよ。

葉の汚れを拭き取ってから、「デコパージュ専用液」を使ってメイソンジャーに貼りつけていきましょう。葉の上にも塗りながら、隙間なく葉を貼りつけてくださいね。仕上げに麻ひもを巻きつけると可愛くなります。

creon-diy.jp

デコパージュ専用液は手芸用品店だけでなく、100均でも買うことができます。こちらのオールマイティタイプさえあればほぼOKですが、ツヤが欲しいときはトップコートも用意しておいてくださいね。

②小物入れ

お気に入りコーナーを秋仕様に

落ち葉で作った小物入れは、お気に入りスペースを秋らしくするのにぴったり!重いものを入れるのには向かないので、ハロウィンのお菓子などを入れてみてはいかがでしょう?

風船を膨らませてから、キャンドルホルダーと同じようにデコパージュ専用液で落ち葉を貼りつけていきます。お好みのサイズになったら、一晩そのまま乾かしておきましょう。次の日に風船を割ればできあがりです。

③ギフトラッピング

季節感を出して外側からお洒落に

creon-diy.jp

ギフトラッピングにも落ち葉を使って、秋らしくまとめてみませんか?気に入った形の葉が見つからなくても、ハート型にカットすれば可愛くなりますよ。

詳しい作り方はこちら

こちらのように小枝も添えたラッピングは、秋ならではの落ち着いた雰囲気が素敵です。ツヤのある紙やリボンより、ナチュラル素材の紙や麻ひもがマッチしますよ。

④ジュエリートレイ

粘土で簡単DIY!

Pin it
ピンもと: doradaily.com
2

葉の色が好みでなくても形が綺麗であれば、ジュエリートレイの型として使えます。動画では粘土の色を生かして仕上げていますが、メタリックカラーにペイントしてもお洒落ですよ。

紙粘土を均等な厚さになるように伸ばし、上に落ち葉を乗せます。ローラーでギュッと押しつけて、葉の跡をつけましょう。余分な部分を切り取り、お好きな形に整えて乾かせば完成です。

⑤ウォールアート

木の枝と合わせるとさらに秋らしい♡

自然素材のみで壁掛けアートを作れば、壁一面がグッと秋らしくなります。できるだけ長持ちさせたいときは、葉にデコパージュ液を塗ってコーティングしておくと良いですよ。

落ち葉と枝を拾います。短い枝しか見つからなくても、タコ糸でつなぎ合わせれば大丈夫ですよ。短めに切ったタコ糸の先に落ち葉を接着剤で貼りつけて、枝に結びつければ完成です。

ちょうどいい色やサイズの葉を集められなかった場合は、紙をカットして葉を作ってみてください。少し時間はかかりますが、自分好みのカラーコーディネートを楽しめます。

部屋が秋らしい雰囲気に♡

お洒落な部屋を作る上で何よりも大切なのは、季節感を意識すること。落ち葉を使えば、お金をかけずに秋らしさを取り入れられますよ。紅葉の季節になったら、綺麗な色の葉を探しに行ってみてはいかがでしょうか?

記事に関するお問い合わせ