無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[100着→10着に減]服好きミニマリストが「服を減らしてよかった」と思う5つのこと

ライフスタイル

転勤妻・5歳3歳のやんちゃ兄弟のママ。サンキュ!STYLEライター・ズボラミニマリスト主婦の村田です。

ミニマリスト歴4年半。服が大好きすぎて100着以上持っていた私が、今やシーズン10~15着で着回すようになりました。

今回は服好きだけど、服を減らして良かったなと思う5つのことについてのご紹介です。

【ミニマリスト】子どもが小さくてもできる!少ない服で着回すたった2つのコツ

よかったこと1:クローゼットがすっきりした

服を100着以上持っていたころの私が、今のクローゼットを見たらびっくりすると思います。
それくらい服は減りました。

今のクローゼットは夫と共同で使っていて、私の服はクローゼットの三分の一くらいのスペースしかありません。それでもおしゃれは楽しめるし「服がなーい!!」と思うこともありません。

よかったこと2:服選びに悩む時間がなくなった

100着以上服を持っていた時は、服選びにものすごい時間がかかっていました。

特に、休日のおでかけなんてファッションショーしているかのごとく、着替えては脱いでの繰り返し。そして、出発間際になってようやくしっくりくるコーディネートになって、ドタバタ準備をして出かけるという負のループ。

それが服を減らしてからは逆に服に悩みようがないというか、少ない服だからこそ手持ちの服をきちんと把握できているので、コーディネートにも悩むことはなくなりました。

よかったこと3:自分自身が納得のいくコーディネートで出かけられる

これは「服選びに悩む時間がなくなった」に付随する話なのですが、常に納得のいくコーディネートを着ていられるようにもなりました。

大量に服を持っていたころは、なかなかしっくりくるコーディネートが考えられずに、とりあえず時間に追われて取り急ぎ考えたコーディネートだと、出かけている途中で「なんでこの組み合わせにしたんだろ……」と心がざわつくことがよくありました。

だけど服を減らしてからはそもそも服選びに悩まないので、出先で服の組み合わせにストレスを感じることも0になったのです。

よかったこと4:「好きな服」が明確になった

たくさん服を持っていたころは、

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ