無料の会員登録をすると
お気に入りができます

インスタで話題♡「#ロータスビスケット」で作るスイーツが可愛すぎ!

少し前に流行った「ロータスブラウニー」をご存知でしょうか。とっても簡単に作ることができるのに見た目がオシャレ、しかも「美味しすぎる!」とSNSでも話題になりましたね。最近は、ブラウニーにとどまらず、ロータスビスケットを使ったスイーツ作りが人気のようですよ。

2017年10月
レシピ

これが「ロータスビスケット」

今回ご紹介するオシャレスイーツに欠かせないのが「ロータスビスケット」。サクサク食感とシナモンの香りがクセになる、ベルギー生まれのビスケットです。最近はスーパーでも手軽に購入できるようになりました。

Media?size=l
instagram.com

コーヒーや紅茶のお供にぴったりで、食べ出したら止まらないという声も。このビスケットに入っている、ロータス社のオシャレなロゴを活かしたスイーツ作りが、人気を集めています。

Media?size=l
instagram.com

オシャレでSNS映えするだけでなく、簡単で美味しいとなれば、ぜひ作ってみたいですよね? お任せください♡ブラウニーを含め、「ロータスビスケット」を使ったオシャレスイーツのアイデアを一挙大公開しましょう!

「甘栗むいちゃいました」を激うまアレンジしちゃいました♡

今も昔も変わらず人気の「甘栗むいちゃいました」。食べ始めると1袋があっという間になくなってしまいますよね。そのままでも十分おいしい甘栗ですが、アレンジしてみたらもっとおいしくなった!と秘かに話題になってるんです。
426

焼き菓子に♡

ブラウニー

Media?size=l
instagram.com

まずはマスターしておきたい「ブラウニー」。いつも通りに生地を型へ流し込んだら、最後にビスケットをのせて焼くだけです。ビスケットが焦げそうな場合は、アルミホイルで覆えば大丈夫です。

Media?size=l
instagram.com

焼きあがり後はビスケットよりも一回り大きいサイズにカット。ビスケットのブラウンとブラウニーのカカオカラーは相性抜群で、ちょっぴりレトロな雰囲気がオシャレですよね。

Media?size=l
instagram.com

ビスケットの並べ方を変えるだけで、また違った雰囲気になりますよ。縦横を整列させず、あえてずらして並べるとこのような仕上がりに。まずは、カットしない状態でお披露目したいオシャレっぷりです。

Media?size=l
instagram.com

また、ビスケットを割って散らすようにのせるというアイデアもユニークです。焼き上がりはビスケットの位置を気にせずカット。オシャレなロゴをチラ見せさせる”さりげなさ”は男性ウケもよさそうです。

Media?size=l
instagram.com

お持たせにする場合は、ラッピングにもこだわってみましょう。ワックスペーパーを使ったキャンディ包みが、手軽でオシャレなのでオススメ。せっかくのロゴが隠れてしまわないように、横と下だけ覆うと良いですね。

チーズケーキ

Media?size=l
instagram.com

ベイクドチーズケーキにビスケットをのせるアイデアもオススメです。オシャレさはもちろんですが、チーズケーキの濃厚で奥行きのある酸味とロータスビスケット独特の香ばしい風味がベストマッチ!

Media?size=l
instagram.com

香ばしいビスケットに合わせて、チーズケーキ生地にクルミをたっぷり入れても。ビスケットのサクサクとクルミのコリコリ食感がクセになりますよ。焼いた翌日のほうが美味しいんですって。

Media?size=l
instagram.com

上にビスケットをのせるので、ベイクドチーズケーキに欠かせないボトムのクッキー生地を省略してもいいですよね。

Media?size=l
instagram.com

見栄えがするので、ちょっとしたお持たせにも最適です。見た目がオシャレなケーキなので、箱もシンプルなデザインがオススメですよ。お店で買ってきたようなフォルムと美味しさに喜ばれること間違いなしです。

マフィン

Media?size=l
instagram.com

ブラウニーやチーズケーキと違い、個々で焼き上げるマフィン。ひとつに1枚ビスケットをのせて焼けば、海外のカフェに負けない仕上がりに。焼いている間にビスケットが少し歪む…それがまたオシャレなんです。

Media?size=l
instagram.com

1枚をそのままのせてもオシャレなのですが、マフィン生地に斜めに突き刺してもいい雰囲気です。無造作な感じがビスケットの質感とマッチしていますよね。

Media?size=l
instagram.com

1枚をふたつに割って、それぞれをポンポンと置いただけなのに、このオシャレっぷりはさすがロータスビスケット。作り込まずラフに仕上げるのがオシャレに見せるポイントかもしれませんね。

ガトーショコラ

Media?size=l
instagram.com

粉糖で仕上げるガトーショコラには、ビスケットの凹凸を活かして、こんなアレンジはいかがでしょうか。ビターなケーキとほろ苦ビスケットとのバランスが絶妙で、甘いものが苦手なパパや彼も喜んでくれそうです。

焼かないお菓子にも合う!

スコップテイラミス(レアチーズでも)

Media?size=l
instagram.com

テーブルの上で取り分けて食べるのが楽しい「スコップ」スイーツ。器のままお出しするのでビスケットを並べたオシャレな状態をお披露目できますよ。ほんのり柔らかくなったビスケットも、これまた美味しいんです。

トッピング用ホイップにビスケットを立てかけて立体的に仕上げれば、こんなに華やかに♡ケーキだけ作っておいて、最後にお子さんと一緒にビスケットを飾る、なんていうのも楽しそうです。

コーヒーゼリー

Media?size=l
instagram.com

もともとコーヒーに合うビスケット。ツルンとのど越しのよいコーヒーゼリーとも相性抜群です。ホイップをつけたりゼリーをのせたり、いろいろな楽しみ方ができますよ。

Media?size=l
instagram.com

バニラアイスに添えられたウエハースを見たことありませんか? これは「冷えた舌を休めるため」なんです。このビスケットをウエハース代わりにアイスへ添えれば、機能面はもちろん、見た目もこんなにオシャレです。

フルーツパフェ

Media?size=l
instagram.com

シナモンとカラメルの香ばしい風味は、さわやかなフルーツにもピッタリ。お好みのフルーツでパフェを作ったら、ビスケットを添えてみましょう。グラスの下へ砕いたビスケットを入れてもいいかもしれませんね。

アイストースト

Media?size=l
instagram.com

デザートトーストの最後にポンとのせるだけ。見た目も味もいいアクセントになりますよ。せっかくおしゃれなビスケットを使うので、ベースのトッピングはシンプルにワンカラーでまとめるのがポイントです。

秋の味覚の王様♡ほくほくカボチャで作る絶品スイーツ10選

お芋・栗・かぼちゃ、秋の味覚が美味しい季節がやってきました。特にかぼちゃは食事メニューにもデザートにも大活躍ですよね。10月のハロウィンに向けて、今回は旬のかぼちゃを使って作るスイーツをご紹介します。
2237

ロータスビスケットは買い置き必須♡

フォトジェニックなスイーツばかり、お腹が空いてきましたね。最後の仕上げにのせるだけ、たったこれだけでこんなにオシャレに、しかも美味しさもプラスされるのですから、ぜひ試してみませんか?

Media?size=l
instagram.com

色々なスイーツにのせたいから…ロータスビスケットの買い置きは欠かせません♡

記事に関するお問い合わせ