無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ものを捨てるのは11月がおすすめ!シンプリストが教える理由3つ

ライフスタイル

68平米のマンションに家族4人暮らし。6歳(息子)と4歳(娘)のママ。
サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

11月に入り、身の回りの物を見直しています。
この時期に行うと、作業がスムーズに進むので、11月までに整理を終わらせておく事をオススメします!
一体、何故なのでしょうか?

今回は、11月が捨て活に最適だと思う理由について3つ述べたいと思います。

1.12月に入ると〇〇が混みやすいから

12月になると、「捨てる」という作業において、混みやすいことが2つあります。

それは、「リサイクルショップの買い取り」と「粗大ゴミの回収」です。
失敗経験がありますが、12月に入るとリサイクルショップは2時間待ちが当たり前です。

また、粗大ゴミの回収依頼は、11月初旬に電話して既に3週間待ちでした。
12月に入ると更に混むことが予想されます。
もしも12月中旬頃に依頼していたら、年内回収には間に合わなかったでしょう。

粗大ゴミをおうちに置いたままの年越しは何となく気分もすっきりしませんよね。

このように、12月にズレ込むほど、捨てるスピードが遅くなります。
皆が一斉にとりかかる大掃除の時期より早めに動けば、スムーズに捨てる作業ができますよ。

2.12月の大掃除がスムーズに進むから

物が多い程掃除をしにくいのは、あるあるですね。

特に、大掃除の時期は、押し入れやクローゼット、引き出しの物を一旦全て出して拭き作業をする「全出し作業」をしようと思う方もいるのではないでしょうか。

その時に、出して戻す作業ももちろん大変ですし、不要な物に気付いてからいつの間にか掃除ではなく整理をしていた…という事になれば、終わりなき負のループに突入してしまいます。

2つを同時進行にやっていては、数日で終わる訳がありません。
整理と掃除は別物として考えましょう。

3.〇〇を理由に子どもも手放しやすいから

大人の物より増えがちな子どもの持ち物。
これを見直すのにベストのタイミングがあるのはご存知でしょうか?

それは、「クリスマス前」です。
そう、子どもは新しく入ってくる「クリスマスプレゼント」を理由に手放しやすくなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ