無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「何考えてるのかわからない」問題を解決!単純で複雑な男心の読み解き方

「彼が何を考えているのかわからない」「自分のことを本当に好きなのか謎」というのは女性の共通の悩みではないでしょうか。そこでこんなシーンでこう考えている、という男性の思考回路をご説明します。

2017年10月
恋愛・結婚

男性って何を考えているの?

男心だって複雑なんです

男性に「何を考えているのかわからない」と感じたことはありませんか。好きと言ってくれなかったり、元カノの話題を出したり…自分のことが本当に好きなのか心配になってしまうようなことばかり。

Photo by Pablo Heimplatz

女心も複雑ですが、男心も複雑なのです。そして、その思考回路は男性なりに筋が通っています。そこで、こんなシーンで男性はこんな風に考えている、という心理を学びましょう。

連絡を全然くれない

電話やメールは“連絡手段”に過ぎない

恋人なのに彼が電話やメールなどを全然くれないと、本当に自分に気持ちがあるのか不安になりますよね。男性の中には、電話やメールを“連絡手段”としか考えていない人も多いようです。

Photo by Alejandro Escamilla

女性の中には、ちょっとしたやりとりでも心が満たされるコミュニケーションになると感じる方もいるのでは?しかし、そういうやりとりが得意ではない男性もいることを知っておきましょう。

一人の時間が大切

あまりにも連絡頻度が多いのがしんどいと思ってしまう男性もいるようです。一人の時間も大切にしたくて、そこに連絡がたくさん来ると、プライベートにまで踏み込んでくる感じがして嫌なのだとか。

Photo by Luke Pamer

一人の時間も尊重してこそ、二人の時間も大切なものになります。それで不安を感じるなら、連絡頻度について話し合って、お互いの着地点を見つけましょう。

付き合っている安心感

交際前は連絡が多く、付き合ってから連絡が減ったということもありますよね。付き合うまでは「他の男に取られてしまう」と心配して、頻繁にアプローチしていたのでしょう。

Photo by Jeremy Wong

交際中に連絡頻度が減るのは、自分の彼女になったと安心しているから。彼の中ではあなたとの関係が一歩進んだと感じているのです。

元々マメではないなら、交際するために相当頑張ってくれたということ。そう考えると彼の姿が愛おしく感じられるのではないでしょうか。

「好き」と言わない

大切な言葉だから

「好き」と言われないと、本当に好きなのか不安になってしまうのが女心。男性の中にはほとんど言ってくれない人もいますよね。大切な言葉だからこそ軽々しく言えないと考えている真面目な人もいるようです。

Photo by Bruno Sousa

そんな人は、言葉よりもあなたへの態度や行動で愛情を示しているはずです。彼女が疲れていたら自分が家事をやったり、デート中にこまめに休むか気遣ってくれたり、彼女へのプレゼントを買うために仕事を頑張ったり…

言わなくてもきちんと愛情を伝えてくれている姿に気づきませんか?

恥ずかしいから

単純に「好き」というのが恥ずかしいという男性もいます。同じように彼女を褒めない男性も恥ずかしいのです。

一緒にいるのだから好きなのは当たり前だとも思っているのかも。それを言葉にしてほしいのが女心のもどかしさ。求めすぎると男性もうんざりしてしまうので、たまに彼から聞けたらかなりレアだと喜ぶと良いのかも。

悲しいけれど、もう好きじゃない

今まで「好き」と言っていたのに言わなくなったのは、あなたへの気持ちがなくなったからかもしれません。ほかにも明らかに態度が素っ気なくなったり、連絡が減っているのは気持ちが離れている可能性が高いです。

彼が忙しいだけという場合もありますが、別れ話もせずフェードアウトしたいという本音が見え隠れしています。誠実ではない別れ方をする男性ならば、あなたの対応もすでに決まっているのでは?

本音が知りたい! 自分から「好き」って言わない彼の心理を徹底解剖

自分から「好き」「会いたい」など、言わない男性って多くいますよね。その男性心理を徹底解剖しました。
460

悩みを打ち明けない

弱味を見せたくないから

大切な彼なのに自分に悩みを打ち明けてくれないと、少し寂しい気持ちになりますよね。しかし、男性として強くいたい、情けない姿を恋人に見せたくないと考えているのかも。男性のプライドですね。

Photo by Blake Connally

だから、自力で解決しようと悩みを隠してしまうのです。あまりにも彼がぼろぼろなときは手を差し伸べましょう。プライドなんて関係なしに助けを求めてくれたときは、全力で支えになりましょう。

Photo by Pablo Heimplatz

うれしいときだけでなく、つらく苦しいときも彼があなたを必要とするならば、あなたが特別な存在だということです。

アドバイスされるのが嫌

悩みを相談されれば、自分なりの意見も伝えるでしょう。その言い方がついつい上からになっていませんか?あなたの性格であったり、彼が年下であると、ついつい強い言い方になってしまいます。

そうすると男性としてはプライドが傷つきます。もし彼が悩みを打ち明けてくれても、まずは聞くこと。聞いて共感し、自分の意見は上からではなく「私はこう思う」と同じ目線で伝えることを意識しましょう。

言いたいことを言わず感情を抑える

男だって察してほしい

あまり自分の気持ちを言わず、感情も出さない男性もいますよね。まさに何を考えているのかわからない、と思ってしまうタイプ。実は言わないけれど察してほしいと感じている人もいるようです。

Photo by Andreas Rønningen

ある程度は気づいて察してあげるのも良いでしょう。しかし、他人なのですから限界があります。それはお互い様。本当に伝えたいことはお互い言葉にしないと伝わらない、というのは共通認識として持っておくべきです。

寡黙なだけ

何も言わないのは、単純に彼の性格という場合もあります。そもそも無口で、沈黙が気にならないタイプなのかもしれません。あるいは感情を表すのが苦手なのかも。

Photo by Courtney Clayton

それでも、彼なりに表現はしているはずですから、ちょっとした行動や表情から読み取りましょう。元々無口なら沈黙も心地良いと感じている場合があるので、その時間を彼と穏やかに過ごすというのもありです。

ほかの女性をよく見ている

思わず目で追っているだけ

彼女と一緒にいながら街ですれ違った女性を目で追っていたり、テレビの中の人をじーっと見ていたり、正直良い気持ちはしませんよね。でも、実は何も考えていないという人が多いです。

考える前に目が動いているだけ。浮気してやろうとか、彼女よりもいい女だとか全く思っていないのです。そんなときは感情的になるのではなく、かわいくヤキモチを焼いて彼をきゅんとさせてはいかが?

嫉妬はチャンス♡大人女子がヤキモチをかわいく伝える方法

嫉妬してしまったとき、ついつい感情のままに彼に思いをぶつけていませんか?それでは彼の心が離れてしまうだけ。嫉妬したときこそ胸キュンさせるような、かわいい伝え方があるんです。
1294

元カノの話題を出す

今と過去を比較している

今付き合っている彼女がいるのに元カノを話題を出すなんてどういうこと?なんて思っている女性もいるのでは。彼は無意識に今と過去を比較していて、それが言動に出ているのかも。

あなたの気持ちとして嫌ならば、それを正直に伝えましょう。彼があなたを本当に好きならば、直そうと考えてくれるはずです。

ヤキモチを焼いてほしい

もしかしたら、あなたにヤキモチを焼いてほしいのかもしれません。ヤキモチを焼くというのは自分を好きだということの現れですから、彼氏としてはたまらないのでしょう。

しかし、彼女としては不快なだけ。あまりにやりすぎると本当に怒るということだけは伝えておいても良いでしょう。

心を許している

彼にとっては元カノがいてこそ今の自分があり、そして今の彼女と出会えたわけです。元カノと付き合っていたという事実は一生消えず、むしろ人生の一部。

Photo by Brooke Cagle

彼女に心を許しているからこそ、元カノのことを話しても大丈夫だろうと考えているのです。これはある意味信頼です。もしあなたが元カノの話題は避けるよう伝えても、彼はきちんと受け入れてくれるはずです。

特に何も考えていない

恋愛の駆け引きをしようとか、あなたの気持ちがどうとか、何も考えていない男性もいます。元カノのことを思い出したからただ話題に出しただけ。ちょっぴりデリカシーが足りなかっただけかも…。

話を聞いてくれない

結論を求めてしまう

女性はとりとめもないことをいつまでも話していられますよね。ところが、男性の多くはそういう会話が苦手なようです。

Photo by Christiana Rivers

女性は会話に共感を求めて、男性は結論を求める、なんて言われています。つまり結局何が言いたいのかがわからない会話には興味がなく、男性は話を聞かなくなってしまうのです。

そういう男性には「ただ聞いてほしい」と話の意図を伝えたり、あるいは結論をしっかりと伝える話し方を心がけましょう。

忙しいときに話をされても困る

Photo by rawpixel.com

彼に話しかけるタイミングが悪いのかもしれません。例えば彼自身がいろんなことを悩んでいたり、仕事が忙しくて気持ちに余裕がなかったり。そんなときにとりとめもない話をされても聞く気になれないのでしょう。

記念日を覚えていない

そこまで重要ではない

付き合った日や結婚記念日などを覚えていないと、女性としては切ない気持ちになりますよね。男性の中には、記念日をそこまで重要だと考えていない人もいます。

Photo by Sergei Solovev

というと寂しいですが、こう考えてみてはいかが?彼にとっては今自分が彼女を好きだということが大切なのであって、それがいつだとしても関係ない。彼にとって大切なのは“今”なのです。

Photo by Toa Heftiba

記念日を祝うより毎日の日常を大切にしたい、と思っているのかもしれませんよ。

過去よりも未来に目が向いている

記念日というのは過去のことですよね。過去のことよりも、二人の関係をどうしていきたいのかという将来に目が向いているからこそ記念日を忘れてしまうとも言えます。

覚えているかどうかは、大切に思っているかどうかとは別問題だということは覚えておきましょう。

男と女、違うからこそ面白い

男性の考えがわからず、「どうして男性って…」なんて悩んでしまうこともあるでしょう。しかし、男性と女性は別の生き物だからこそ、深い愛情を抱き、強い関係性を築けるのです。それはステキなことですよね。

「何を考えているのかわからない」ときも、まずはその男性と向き合って。一つずつ答えを探していきましょう。

記事に関するお問い合わせ