無料の会員登録をすると
お気に入りができます

羽織るだけでこなれる♡秋アウターは「肩かけ」で着るのが正解です!

朝夕と日中の気温の変化が激しい秋は、さっと羽織れるアウターが便利ですよね。アウターに袖を通さない「肩かけ」スタイルは、どんなコーデもきれい目に仕上げてくれるから人気上昇中!こなれ感も魅力の秋アウターの肩かけスタイルを、種類別にご紹介します。

2017年10月
ファッション

この秋は「肩かけ」スタイルがきてる!

女優やモデルの着こなしでもよく見かける「肩かけ」は、アウターの袖を通さずに肩にかけただけのスタイルのこと。大人っぽくきれいめにコーデを演出できるとあって、年々「肩かけ」スタイルを取り入れる女性が増えています。

zozo.jp

激しい動きや強風、リュックなど肩かけのバッグには不向きという面もありますが、コーディネートを格上げしてくれたりコンプレックス部分を目立たなくしてくれたりと、実にたくさんのメリットがあるんです♡

“肩掛けスタイル”のメリットって?

・こなれ感がでる
・二の腕が隠れる
・大人っぽいイメージになる
・体温調節をしやすい
・なで肩が隠せる
・気軽にレイヤードスタイルを楽しめる

zozo.jp

アウターの個性を出しすぎず、すっきりとコーデをまとめてくれるだけでなく、気になる部分を隠してくれたりとメリットの多い肩かけスタイル。アウター別におすすめの着こなし方をご紹介していきます。

1.カーディガン

まだ暑い日もある初秋は、カーディガンを持って出かける人も多いはず。袖を通すのが面倒な時も、肩かけなら肌寒い時に気軽に体温調整できるのがいいですね。

ボーダーカーデでほど良いカジュアル感

wear.jp

ボーダーTの袖をちらっと見せてアクセントにしている上級者コーデです。肩からカーデをかけることで、カジュアルなロゴTコーデに上品さをプラスしています。

アクセントカラーをプラス

zozo.jp

コーデに挿し色を入れたい時も、肩かけは使えます。ピンクやイエローなどビビッドな色も、肩かけだと面積が控えめになるので嫌味になりません。

足元とリンクさせて洗練スタイル

wear.jp

カーデとベルト、ブーツをリンクさせたお手本にしたいフェミニンコーデです。上と下でカラーをリンクさせると、コーデは一気にバランスよく見えるのでぜひお試しを♡

2.チェックジャケット

今季一番の注目アイテム、チェックジャケットもマストハブな1枚ですよね。一般的にゆったりサイズのものが多いので、袖を通すと大きく感じる方はまずは肩かけスタイルで楽しんでみてはいかが?

パンツを合わせてできる女を演出

Media?size=l
instagram.com

白ブラウスにベーカーパンツ、足元はヒールというオフィススタイルですが、上からチェックジャケットを羽織るだけでハンサム度がグッとアップ!誰もが憧れるできる女風スタイルです。

デニムコーデを大人テイストに

Media?size=l
instagram.com

Tシャツ&デニムという鉄板のカジュアルスタイルも、ジャケットをプラスすればクラッシックなお出かけスタイルに変身!赤のバレエシューズがワンポイントになって素敵ですよね。

ワンピースと相性良し!

wear.jp

パンツやスカートと合わせることの多いチェックジャケットですが、実はワンピースにも合うんです!もちろん、モノトーンコーデとは相性抜群。大人のワンピスタイルを楽しめます。

3.テーラードジャケット

ちょっぴりレトロな雰囲気が魅力なテーラードジャケットは、この秋、様々なブランドで展開されているアイテムです。肩からかけることでトレンド感あふれるコーデになりますよ。

ワイドパンツをフェミニンに演出

wear.jp

きれいなマスタードのワイドパンツがコーデの主役のスタイルを、ふわりとかけたジャケットとショルダーバッグで大人っぽく演出しています。コンバースでカジュアルダウンしているのもさすがです。

秋の女っぽマリンコーデ

Media?size=l
instagram.com

キャスケットやファーバッグ、スカーフなど小物が多いのに、とてもすっきり見えるのはトップの色みを統一しているから。Vネックの胸元も女らしい秋に真似したいマリンコーデです。

ベロアパンツとシックにきめる!

wear.jp

この秋の人気アイテムの1つでもあるベロアパンツは、単独で履くのは少し難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。上からジャケットを羽織れば、ベロアの質感をさりげなくきれいに見せてくれますよ。

4.デニムジャケット

年齢や季節に関係なく活躍するデニムジャケットは、肩かけ初心者さんにおすすめのアイテム。着るとゴワゴワするからと敬遠している方も、肩かけスタイルなら気軽にデニムジャケットを楽しめます。

オレンジトーンにサラっと羽織って

Media?size=l
instagram.com

ファッションエディターの東原妙子さんの着こなしは、秋のデニムジャケットコーデのまさにお手本です。中のコーデのブラウンもオレンジ系を選ぶことで、羽織ったデニムの風合いが活きています。

チノスカートを女性らしく着こなす

Media?size=l
instagram.com

1枚あると大活躍するチノスカートやキュロットも、上にデニムジャケットを羽織るだけで雰囲気ががらりと変わります。あえてVネックのトップスを選ぶのも、シックに着こなすポイントです。

ワンピコーデの可愛さを崩さない

Media?size=l
instagram.com

せっかくのワンピの甘さがデニムジャケットに負けてしまいそうな時は、上からさらりと羽織るのが正解。ファーバッグやシューズで秋らしさも演出しています。

5.ライダース

今年はエコレザー素材が多く登場しているライダースジャケット。クールな着こなしができる人気アイテムですが、秋口はさらりと羽織ったちょっぴりソフトな着こなしがおすすめです。

赤×黒でフレンチシックに

wear.jp

ライダースはそのままで存在感があるので、色数は抑えるのがベター。白、赤、黒の3色でまとめたコーデは、色や小物の使い方がお見事!フランス映画に登場してきそうな大人可愛いスタイルです。

マキシワンピをバランスよく仕上げる

Media?size=l
instagram.com

細見え効果抜群のマキシワンピはおしゃれな反面、1枚だと間延びしたイメージになる危険も。上にライダースを羽織ることでメリハリがつき、バランスもぐんとよくなります。

6.その他のアウター

秋コーデの楽しみの1つは、気温やシーンによって色んなアウターコーデができること!主役級で楽しめる個性派アウターも、肩かけスタイルで楽しめます。

ループニットカーデをガウンのように

wear.jp

ループ状の毛並みが存在感たっぷりのループニットコーデ。そのまま着ちゃうともっさりしちゃいそうな時は、軽くはおることですっきり感をだすことができますよ。

品よく仕上がるノーカラージャケット

Media?size=l
instagram.com

学校行事など改まったシーンに重宝しそうなノーカラージャケットは、襟がないのでほどよくカジュアルに着こなせるアイテム。ベロアのプリーツスカートとも素敵にマッチしています。

甘辛具合が絶妙なミリタリージャケット

wear.jp

肩かけスタイルの良いところは、どんなアウターも女らしさを加えてくれること。ノーカラーのミリタリージャケットも肩かけするだけで女性らしさが加わり、絶妙な甘辛スタイルが完成します。

かけるだけのこなれスタイル、試してみない?

Dummy error 300x300
instagram.com

おしゃれだとわかっていても、着慣れていないと気恥しい時もあるものです。まずは、人を待つ時間や肌寒く感じた時や写真を撮る時などシーンなどで、いつもと違う着こなしを楽しんでみてくださいね!

記事に関するお問い合わせ